神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 買取保証で不動産を売却するメリットデメリット!即時買取との違いは?

買取保証で不動産を売却するメリットデメリット!即時買取との違いは?

≪ 前へ|実家を相続したときの片付けは誰がするのか   記事一覧   不動産の任意売却とは?任意売却のメリットデメリットや競売との違いを解説!|次へ ≫
カテゴリ:買取

買取保証で不動産を売却するメリットデメリット!即時買取との違いは?

不動産を売却する方法の一つに、「買取保証」というシステムがあることをご存じですか?
買取保証は、不動産の売却方法として知られている一般的な「買取」ともまた違った特徴があります。

そこで今回は、買取保証とは何なのかについて、一般的な買取との違いや買取保証を選ぶメリット・デメリットについてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却における買取保証と即時買取の違いとは

不動産売却における「買取保証」とは、

まず一定期間は「仲介」として不動産会社が売却活動を進め、その間に売却先が決まらなければ事前に決めていた額で不動産会社が物件を買い取るという方法のことです。


「買取」と聞いて多くの方が思い浮かべるのは、仲介での販売期間を設けずに不動産会社が物件を直接買い取る「即時買取」といわれるシステムではないでしょうか。


しかし、実際には即時買取よりも買取保証のほうが多くおこなわれており、買取保証付きの仲介サービスを提供する不動産会社も増加傾向にあります。

買取保証で不動産を売却するメリット・デメリット

買取保証にも、メリット・デメリットがあります。

不動産売却の際に買取保証を利用するメリットは、「必ず売れる」という安心感を得られることです。

また、買取では相場価格よりも売却価格が安くなってしまうのが一般的ですが、買取保証であれば最初に仲介で相場価格での売却にもチャレンジすることができます

さらに、瑕疵担保責任が免除されるというのも大きなメリットです。

通常、仲介で売却した不動産であれば3か月後までは欠陥が見つかると売主がその責任をもたなくてはなりませんが、買取の場合はその責任が免除されます。

一方、デメリットとしては、売却価格が相場よりも低くなってしまうということです。
仲介期間に売却が決まれば市場価格で取り引きされる可能性が高いですが、買取になると市場価格の7~8割程度、物件によってはそれ以下になってしまうケースが多いです。

また、仲介での売買では売主が自由に価格を設定できますので、条件が合う買主さえ見つかれば相場以上の高額で売却が決まることもあります。

しかし、買取では不動産の価値を厳密に査定して価格が決まるため、高値での売却が難しくなります。

このように、買取保証にもメリット・デメリット両方の要素があることは理解しておきましょう。

まとめ

不動産売却の選択肢として、買取保証は多くの方にとってメリットの多い方法だといえます。
しかし、少しでも高く売却したい、ある程度時間がかかっても良いという方にとっては、避けた方がよい場合もあります。

売却のすすめ方はいろいろな選択肢がありますので、それぞれのメリット・デメリットをしっかり理解することも大切です。


私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
売主様の状況、意向に合わせた柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|実家を相続したときの片付けは誰がするのか   記事一覧   不動産の任意売却とは?任意売却のメリットデメリットや競売との違いを解説!|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る