神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 空き家の売却で使えるかも『神戸市老朽空家等解体補助事業』

空き家の売却で使えるかも『神戸市老朽空家等解体補助事業』

≪ 前へ|誰にも知られずに不動産売却はできる?内緒で進める方法とは?   記事一覧   土地活用の失敗例とは?成功例も合わせて解説|次へ ≫
カテゴリ:空き家

神戸市老朽空き家等解体補助事業


空き家を売却する場合、古家を解体後売却したほうが良い場合もあります。

神戸市では、一定の条件のもと老朽空家の解体に対する補助を行っております。

その内容、要件、期限等について下記の通りまとめました。


補助の内容



■対象者

対象家屋の所有者(法人でも可)


■補助費用

解体費用の1/3(最大60万円)


■補助の対象となる家屋

(1)昭和56年5月31日以前に着工された家屋である

(2)以下のいずれかにあてはまること

  ①屋根、外壁もしくは基礎等の主要構造部に腐朽まかは破損がある
  ②腐朽または破損のある3年以上の空き家
  ③幅2m未満の道のみに接する
  ④60㎡未満の土地に建つ家屋

※構造(木造、鉄筋コンクリートなど)や用途(住宅、共同住宅など)は問われません

上記①②の条件を満たす家屋で次のいずれかにあてはまる場合、補助額の上限が100万円になります。

・幅員4m未満の道路(建築基準法42条2項又は3項)や通路のみに接する
・延床面積が100㎡以上かつ3戸以上で、登記および課税台帳上「寄宿舎」または「共同住宅」の記載がある


■申請期間

令和3年4月5日~令和4年1月31日

※予算がなくなり次第終了


■実績報告期間

令和4年3月31日までに完了


注意点



※補助金の交付決定通知日以降に解体工事の契約・着工をすることが必要。
既に契約・着工している家屋の解体は対象となりません)

※詳細は、神戸市老朽空家等解体補助事業でご確認ください


まとめ


空き家を売却する場合、すすめ方は売却される方の状況や売却価格によって変わります。

空き家を売却する際に古家の解体をすることで、売却しやすさ、売却価格なども変わります。

その際に利用できる補助金の1つとして、是非ご検討ください。


私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。

柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。

弊社へのお問い合わせはこちらをクリック
≪ 前へ|誰にも知られずに不動産売却はできる?内緒で進める方法とは?   記事一覧   土地活用の失敗例とは?成功例も合わせて解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る