神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 土地活用の失敗例とは?成功例も合わせて解説

土地活用の失敗例とは?成功例も合わせて解説

≪ 前へ|空き家の売却で使えるかも『神戸市老朽空家等解体補助事業』   記事一覧   不動産売却で査定額が変わる理由となぜ無料で査定できるのかを解説!|次へ ≫
カテゴリ:土地活用

土地活用の失敗例とは?成功例も合わせて解説

土地活用をする場合、失敗しないか?成功できるか?と考えるものです。
土地の活用方法はいろいろあり、どれを選べば良いのか、どのような方法でおこなえば良いのか迷ってしまうことも多いでしょう。
成功させるには、失敗例を知っておくことです。
土地活用の失敗例とはどういったものか、また成功例についてもご紹介しますので、活用の参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地活用の失敗例とは

土地の活用方法として多いのがアパートやマンション経営ですが、失敗例も数多くあります。
アパートやマンション経営の場合、集客に失敗する事例が少なくありません。
地域に適していない間取りや賃料、外観などにしてしまうと、集客が見込めないでしょう。
需要を考えない土地活用は失敗しやすいものです。
駐車場の失敗例としては、節税対策にならなかったということがあります。
駐車場は建物がないため、固定資産税の減税対象になりません。
土地に建物があれば解体しなければならないでしょう。
解体費用には高額の費用がかかるため、出費がかさんでしまいます。
初期費用も安くメンテナンスなどの手間も少ない太陽光発電も、土地活用には向いている方法です。
しかし、自然が相手であり、故障すれば修理が必要です。
保証やシステム、メンテナンスなどをしっかり確認しないと、太陽光発電のメリットを受けられないばかりか修理のために多額の費用がかかってしまいます。

土地活用の失敗例ではなく成功例とは

土地活用を成功させるには、土地の特徴や周囲の環境などを踏まえ、適した活用方法を選ぶことです。
太陽光発電に関しては、日照時間が長く面積が広い土地であれば、成功しやすいでしょう。
アパートやマンション経営の成功例としては、1階を空き室にしない工夫で集客率がアップしたという例があります。
アパートやマンションの1階は防犯面においてリスクがあり、人気がありません。
そこで、1階にホームセキュリティを導入、専用庭を用意する、などといった工夫で空き室対策をすれば入居率があがります。
駐車場は初期費用も安く管理もしやすいのがメリットです。
成功例としては、商業施設や駅の近くなど、多くの人が利用する場所が近くにあることです。
また固定資産税が比較的安い地方などであれば、駐車場の収益性を計算することで失敗を避けられるでしょう。

まとめ

土地活用の方法はさまざまなので、失敗例や成功例をもとに、土地の特徴や周りの環境を考慮して選択をしましょう。
自分では判断できない、難しいと言う場合は、不動産のプロである不動産会社に相談をするのがおすすめです。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|空き家の売却で使えるかも『神戸市老朽空家等解体補助事業』   記事一覧   不動産売却で査定額が変わる理由となぜ無料で査定できるのかを解説!|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る