神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 相続に備えて知っておこう!不動産売却の流れと注意点

相続に備えて知っておこう!不動産売却の流れと注意点

≪ 前へ|不動産売却で査定額が変わる理由となぜ無料で査定できるのかを解説!   記事一覧   相続した不動産はどのようにして分ける?4つの分割方法について|次へ ≫
カテゴリ:相続

相続に備えて知っておこう!不動産売却の流れと注意点

相続した不動産を売却する場合は、通常よりもいろいろな手続きが必要です。
対応を間違えるとトラブルにつながる可能性もあるため、事前にポイントを押さえておきましょう。
今回は不動産の相続を予定している方に向けて、相続した不動産を売却する流れや、注意点などについてご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の相続が発生してから売却するまでの流れ

不動産は、現金のように分けやすい財産ではありません。

また、何も活用することなく不動産を所持していると、固定資産税や維持管理の負担が続きます。
そのため、相続した不動産を売却しようと考える方も多いでしょう。
その際は、通常よりも必要な手順が増えるため、事前に流れを知っておくとスムーズです。
1.(遺言書がない場合)相続人を確認して遺産分割協議をおこなう
2.相続登記をおこなう
3.査定を依頼して売却活動を始める
4.買主が決まったら売買契約を結ぶ
5.決済のあと引き渡し


遺言書がある場合はその内容に従いますが、ない場合は相続人を特定したあと、「遺産分割協議」によって遺産の分け方を決定します。

そして、売却に際しては、不動産の名義人になる方を決め、その方に名義変更する「相続登記」をおこないましょう。
そのあとは、通常の売却と同じ流れで進めます。
このように、売却活動を始める前に必要な手続きがあることを覚えておきましょう。

相続した不動産を売却する際に押さえておきたい注意点

相続した不動産は、相続登記しないと売却できないことが大きな注意点です。
なぜなら、不動産は所有者しか売却できないからです。

ですので、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する相続登記をまず行います。
なお、名義人は一人でも複数人でも構いませんが、名義人は売買契約などの手続きに関わる必要があります。

そのため、売却金額を相続人で分ける前提で、売却手続きをする名義人を一人にすることで、売却手続きもスムーズにすすみやすいです。。

また、相続人が複数いる場合、事前に売却価格についてしっかりと話し合うことが大切です。

不動産会社の価格査定のもと、売出価格、売却価格と決まっていきますが、売出価格の設定、売却価格の下限など、のちのちトラブルにならないように決めておくことが大切です。

まとめ

相続した不動産を売却するには、売却活動を始める前にするべきことがあります。
また、のちのち相続人間のトラブルを回避するための注意点もあります。

所有する不動産には固定資産税など維持費がかかりますので、活用予定がない場合は売却も早めに検討しましょう。

私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却で査定額が変わる理由となぜ無料で査定できるのかを解説!   記事一覧   相続した不動産はどのようにして分ける?4つの分割方法について|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る