神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 任意売却とは?アンダーローンとは?意味や対処法を解説

任意売却とは?アンダーローンとは?意味や対処法を解説

≪ 前へ|相続した不動産はどのようにして分ける?4つの分割方法について   記事一覧   市街化調整区域の不動産は任意売却できる?その方法と注意点などご紹介|次へ ≫
カテゴリ:任意売却

任意売却とは?アンダーローンとは?意味や対処法を解説

神戸市や明石市、西宮市に住みながら不動産を売りたい、マイホームを手放したいと考えている方のなかには、任意売却を検討している方もいるでしょう。
ここでは任意売却とオーバーローンとはなにか、意味や対処法を解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

任意売却とは?アンダーローンとは?意味

アンダーローンとは、

住宅ローン残高より不動産売却価格(市場価値)が高い状態をいいます。

一方、
オーバーローンは、
不動産売却価格より住宅ローン残高が高い状態をさします。


売却時にアンダーローンであれば、売却後にローンが残ることもなく、差額分は利益として得られることもあります。

任意売却は、

住宅ローンの返済が厳しくなった場合に、売却後に住宅ローン残債が残ってしまう場合でも債権者(金融機関)の同意を得ながら売却できる方法です。


ですので、任意売却はオーバーローンの状態でも利用でき、引越し費用を受け取れる可能性もあります。

任意売却の対処法

「住宅ローンの返済が厳しい」、このようなときは、できるだけ早めに借入金融機関への相談、住宅ローンの見直し、場合によっては任意売却を検討しましょう。

特に、オーバーローンの場合は早めに売却を決断することで、残債を少なくできます。

ただ注意点として、通常の売却手続きとは異なり、売却価格は自分や不動産会社のみで決められず、債権者の同意が必要になります。

つまり、早く売ってしまいたいから安めに設定する、できるだけ残債を減らしたいから高めの金額設定にするといったことは難しくなります。

債権者がの同意が得られない場合、任意売却は難しくなります。

住宅ローンの見直しや借り換えを検討する場合

住宅ローンの返済負担を軽くするために、借り換えをする方法もあります。


低金利時代の現在では、住宅ローンの借り換えの手数料を払ってでも、総返済額を低くできる場合があります。

金融機関によって金利や手数料も異なります。


・借り換えのメリットがあるか?

・返済額が減らすことができるか?


検討するのもありです。

但し、オーバーローンになっている場合や滞納している場合は、借り換え時の審査が難しくなります。

まとめ

住宅ローンの返済が難しくなってきた場合、滞納してしまう前に、早めに対応することが大切です。


アンダーローンかオーバーローンかでとれる方法も変わってきます。

ですので、売却した場合、売却金額としていくら見込めるのか、早めに知ることも大切です。


・住宅ローンの借入条件の変更

・住宅ローンの借り換え

・通常の売却

・任意売却

どういった方法が可能なのか?

どういった方法がベストなのか?

早めの相談することで対処もしやすくなります。


私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。

住宅ローン返済や任意売却のご相談も、専門の住宅ローンアドバイザーが対応させて頂きます。


柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|相続した不動産はどのようにして分ける?4つの分割方法について   記事一覧   市街化調整区域の不動産は任意売却できる?その方法と注意点などご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る