神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 不動売却時の分筆とは?分割との違いは何?手続きの流れや注意点をチェック!

不動売却時の分筆とは?分割との違いは何?手続きの流れや注意点をチェック!

≪ 前へ|相続関係説明図とは?書き方や目的を知って相続手続きをスムーズに!   記事一覧   借地権付きの不動産を売却したい!押さえておくべきポイントを解説|次へ ≫
カテゴリ:土地活用

不動産の分筆売却とは?分割との違いは何?手続きの流れや注意点をチェック!

不動産の分筆という言葉をご存じでしょうか?
土地を分けるという意味では「分割」と似ていますが、両者は異なるものです。


土地の一部を売却する場合、2つ以上に分けて別々に売却する場合などに必要となるのが分筆です。


今回は、分筆とはどのようなものか、また手続きの流れや分筆する際の注意点について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却時におこなう分筆とはどのような作業?分割との違いを解説

不動産売却時にもおこなわれる「分筆」とは、

1つの土地として登記している土地を、改めて複数に分けて別々に登記することです。


似た言葉に「分割」がありますが、分割との違いは登記の有無です。


分筆は登記簿上でも別々に登記されるのに対し、分割は土地そのものを分割しても登記簿上は1つの土地としてみなされます。


分筆と分割の使い分けとしては、たとえば建築基準法上、原則1つの土地に建築できる建物は1つと決まっていますが、1つの土地に2つの建物(母屋と離れなど)を建てたい場合、ただ家を建築したいだけであれば分割でも大丈夫です。


ただ、それぞれの土地を別々に相続したい場合は分筆をおこなう必要があります。

不動産売却時に分筆をおこなう際の流れと知っておきたい注意点

不動産を分筆して売却するには、まず分筆手続きをおこなう必要があります。
分筆手続きとして、最初に、


登記簿謄本や測量図など土地に関する書類を取得して事前調査をおこないましょう。


次に、専門家である土地家屋調査士に境界確定測量を依頼して、隣地との境界線を明確にしたあと、その結果をもとに分筆案を作成します。


分筆案ができたら、内容を隣人にも確認してもらい同意を得、隣人立ち会いのもと境界標の設置がおこなわれます。

 ※境界標とは

  土地と隣接する土地や道路との境界を明示するためのもの



その後、登記に必要な登記申請書や測量図などの書類を土地家屋調査士が作成してくれるので、それらを提出して土地分筆登記が完了するといった流れです。

注意点としては、分筆する前に、それぞれの土地が建築基準法の接道義務、建物がある場合は、建ぺい率や容積率といった基準を満たしたうえで手続きをおこなうことです。

「接道義務」とは、

  敷地が幅員4m以上の道路に2m以上接道しなければならない(建築基準法42条)


また、分筆することで土地の使い勝手が悪くなったり、車の出し入れ、日当たりなど、不便がないかを確認することも大切です。

まとめ

分筆とは、登記簿上1つの土地を複数に分けて登記することです。
不動産売却時に分筆をおこなう流れとしては、調査をおこなった後に土地家屋調査士に依頼して、境界確定測量、分筆案の作成、必要書類の作成、土地分筆登記をおこないます。
分筆をおこなう際には、事前に建築基準法や利便性について確認してからおこなうようにしましょう。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|相続関係説明図とは?書き方や目的を知って相続手続きをスムーズに!   記事一覧   借地権付きの不動産を売却したい!押さえておくべきポイントを解説|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る