神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 借地権付きの不動産を売却したい!押さえておくべきポイントを解説

借地権付きの不動産を売却したい!押さえておくべきポイントを解説

≪ 前へ|不動売却時の分筆とは?分割との違いは何?手続きの流れや注意点をチェック!   記事一覧   不動産売却における「按分」とは?按分の方法や注意点を解説!|次へ ≫
カテゴリ:売却一般

借地権付きの不動産を売却したい!押さえておくべきポイントを解説

他人の土地に造った建物、いわゆる借地権付きの不動産を売却したい方もいらっしゃるのではないでしょうか。
建物は売主のものでも土地は他人のものといった特殊な不動産は、売却にあたってポイントを確認しておくことが大事です。
今回は、借地権の基本や借地に建つ不動産の売却の可否などを解説するので、ぜひお役立てください。

弊社へのお問い合わせはこちら

借地権とは?不動産売却前にあらためて確認したい基本

借地権とは、簡単にいえば借りた土地に家などを建てられる権利のことです。

土地には借地権と底地権があり、両方を持っている方が土地の所有者とみなされます。

 ※底地権とは、

  建物の所有などを目的として借地権を設定している場合の土地所有者の権利を

  指します。


借地権は、さらに厳密にいうと地上権と賃借権があわさったものです。

借地権を取得すると地上権が得られるので、他人の土地に家などが建てられるのです。


とはいえ、自身が所有する土地ではないので、地主への地代の支払いは欠かせません。

形態がやや複雑であり、地代がかかるものの、土地の購入代が不要であることから借地権はしばしば活用されています。

借地権付きの不動産は売れるのか?知っておきたい売却方法とは

借地にある建物は敷地は売主のものではありませんが、売却自体は可能です。


ただ、売却には地主の承諾が必要で、事前の相談が欠かせません。

そして、借地権を第3者に譲渡(売る)にあたり、地主さんへの承諾料(名義書き換え料ともいいます)として借地権価格の10%ほどの費用も支払わないといけません。


また、借地権付建物の売却では、土地は売主のものではないので、不動産の担保価値はあまり見込まれません。

そのため買主が住宅ローンを使えず、現金で購入できる方に限られるといった一面もあります。

※住宅ローン借入時の審査では、借入金額に対して不動産の担保価値が必要です。


売却にあたって手間はやはりかかりやすいので、借地上の建物を売りたいときは早めに手続きを始めることが大事です。


なお、借地権付きの不動産は一般の買い手のみならず、その土地の所有者にも売却できます。

過去に土地の返却を打診されたことがあれ等、地主に売却の話を持ち掛けるのも方法です。

借地権付きの不動産を売却する際の注意点

他人の土地に建つ不動産を売る際にしばしば発生する承諾料(名義書き換え料)は、ほとんどの場合必要となります。

土地の価格が高く、借地権価格も高額である場合、名義変更料が100万円を超える場合もあります。

必要資金は早めに確かめておくことも大切です。


そのほか、借地に建つ不動産は権利関係がやや複雑であり、個人間売買ではトラブルが起きやすいです。

ですので、基本的に不動産会社の仲介を利用すると良いでしょう。

まとめ

ご紹介したように、借地権とは他人の土地に自宅などを建てられる権利のことです。
借地に建つ不動産も売れるものの、地主の許可や承諾料が必要など、手続きはやや特殊です。
承諾料の金額は早めに確認し、費用はしっかりと準備しておくと良いでしょう。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動売却時の分筆とは?分割との違いは何?手続きの流れや注意点をチェック!   記事一覧   不動産売却における「按分」とは?按分の方法や注意点を解説!|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る