神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却における「按分」とは?按分の方法や注意点を解説!

不動産売却における「按分」とは?按分の方法や注意点を解説!

≪ 前へ|借地権付きの不動産を売却したい!押さえておくべきポイントを解説   記事一覧   不動産売却時の火災保険で費用を返還してもらう方法|次へ ≫
カテゴリ:売却一般

不動産売却における「按分」とは?按分の方法や注意点を解説!

不動産の売却を検討するにあたって、按分という言葉を耳にした方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、具体的に按分がどのようなものなのかわからないという方も多いはずです。
売却をスムーズに進めるためにも、基礎的な知識については押さえておきたいですよね。
この記事では、不動産売却における按分の方法や注意点を解説します。
不動産の売却を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却における按分とはどのようなしくみ?

按分とは、

売買契約書に表記する土地と建物の割合を決めることです。


一般的に、不動産売却においては、土地と建物をひとまとめにして売却価格を提示します。
広告などでも、土地と建物の価格をそれぞれ分けて表示しているものは、ほとんどありません。
ただ、実際にそれぞれがどのくらいの価格なのかについては、明確にしておく必要があります。

というのも、事業用不動産の売却では建物のみに消費税がかかり、土地には消費税がかかるなど、複雑なケースが存在します。

按分が必要な理由は、これらの消費税を正しく計算するためです。

不動産売却において按分をおこなう方法とは

按分の方法は、おもに3つあります。

まず、当事者同士で自由に決定する方法です。
按分方法については、これといった決まりが存在しないため、合意さえあれば当事者同士で決められます。

つぎに、売却する際に固定資産税評価額の時価を用いる方法です。
固定資産税評価額とは、不動産の固定資産税を算出するための評価額で、路線価を利用して割り出されているため、土地と建物を分けて評価が可能です。
計算式も決まっており、当事者同士が納得しやすい方法のため、もっとも一般的な按分方法となっています。

そして、不動産鑑定士の評価額による方法もあります。
鑑定には費用がかかりますが、プロである不動産鑑定士による評価額をもとにするので、説得力のある方法といえるでしょう。

不動産売却において按分をおこなう場合の注意点とは

不動産売却で按分する場合には、注意点があります。

按分の前提として売主と買主双方が納得したうえで、契約前に割合を決めることです。
土地と建物の価格割合によって、双方の利益は異なります。
ですので、仲介業者の立ち合いのもとでの契約締結前に、お互いに譲歩して按分することも必要です。

協議して決定するには時間がかかるうえに、客観的データがなく公平性も欠くため、固定資産税評価額や不動産鑑定士による按分方法がおすすめです。

まとめ

以上、不動産売却における按分について解説しました。

按分とは、売却価格のうちの土地と建物の価格割合を決定するもので、当事者同士の協議による方法と、固定資産税評価額や不動産鑑定士の評価額による方法があります。

トラブルを避けるためにも、売主と買主の間で同意したうえで決定するのが注意点です。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|借地権付きの不動産を売却したい!押さえておくべきポイントを解説   記事一覧   不動産売却時の火災保険で費用を返還してもらう方法|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る