神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却時のインスペクションとは?利用した場合の費用を解説

不動産売却時のインスペクションとは?利用した場合の費用を解説

≪ 前へ|不動産売却時の火災保険で費用を返還してもらう方法   記事一覧   兵庫県明石市にある「明石市立天文科学館」の概要や楽しみ方とは?|次へ ≫
カテゴリ:売却時に役立つ情報

不動産売却時のインスペクションとは?利用した場合の費用を解説

皆さんは「建物調査」、「ホームインスペクション」という言葉を聞かれたことがあるでしょうか?

不動産は売買金額が高く、建物状態など見えにくい箇所等のトラブルも起こりやすい取引です。

それを防ぐための1つの方法として、建物調査があります。
こちらでは、不動産を売却する場合の建物調査の必要性、利用した場合の費用等についてご紹介していきます。

不動産売却時の「インスペクション」とは?


インスペクションは、検査、調査を意味する言葉で、建物の状態を調査して、劣化や欠陥などの有無を報告することをホームインスペクションといいます。


ホームインスペクションは、有資格か否か関係なく、専門家による建物の調査として従来からありましたが、法律によって規定されたものとして、建物状況調査があります。


平成30年4月の宅建業法改正により、不動産売買の際には不動産会社が売主または購入希望者に対して建物状況調査についての説明と、斡旋をおこなうことが義務化されました。
この建物状況調査は、既存住宅調査技術者講習を修了した建築士(有資格者)による建物調査のことで、法律で定めた調査基準に準じて調査を行います。

この法律上で義務化された建物は、既存住宅であり、新築住宅や店舗、事務所は対象外となっています。

不動産売却に「インスペクション」をする目的とは?

不動産の売却おいて、売主側は、できるだけ速やかに、確実に売りたいものです。

ただ、売買契約成立前後に買主から住宅の不具合や欠陥について指摘された場合、売却金額や修理費などでトラブルとなることがあります。


また買主にとっても、住宅の状態や不具合の有無は重要で、できる限り購入前に土地建物の状態を確かめて、購入後の想定外の修理やトラブルは避けたいものです。

こういったことを回避するため、建物調査を行い、壁や基礎の状態、雨漏りなどの有無、シロアリ被害などを確認することができます。

また売主にとっても、建物調査を受けた住宅として売却することで、売却価格が上がったり、信頼できる物件ということで買い手が見つかりやすくなるといったメリットもあります。

不動産売却にインスペクションを利用した場合の費用とは?

インスペクションは、インスペクターと呼ばれる調査員、あるいは既存住宅状況調査技術者が行いますので、少なからず費用が発生します。

費用の相場ですが、調査会社によって前後はありかすが、一般的に5万円前後の費用が多いです。

一戸建て、マンションで床面積の広さによって金額は異なる場合もありますし、給排水管の調査などオプションを追加する場合費用は変わります。

概ね、マンションの場合5万円前後、一戸建ての場合、4万円から8万円程度と考えられますが、調査会社によって設定が異なりますので目安として捉えてください。

まとめ

インスペクションを利用することで、売却時の物件の信用度を上げるとともに、買主側に安心感を持ってもらうことで、より確実、迅速に売却活動が進めることができることもできます。


費用はかかりますが、売却時の状況や物件に応じて、積極的に検討することもありです。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却時の火災保険で費用を返還してもらう方法   記事一覧   兵庫県明石市にある「明石市立天文科学館」の概要や楽しみ方とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る