神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 須磨海浜水族園とは?兵庫県神戸市で押さえておきたい人気施設を解説

須磨海浜水族園とは?兵庫県神戸市で押さえておきたい人気施設を解説

≪ 前へ|兵庫県明石市にある「明石市立天文科学館」の概要や楽しみ方とは?   記事一覧   単純承認や法定単純承認とはどんな不動産相続の方法?相続の際の注意点とは|次へ ≫
カテゴリ:地域情報

須磨海浜水族園とは?兵庫県神戸市で押さえておきたい人気施設を解説

神戸市は観光地として有名であり、地域の見どころは数多く挙げられます。
それゆえに、ぜひ注目したい施設を見落とす恐れもあるので、一帯にある人気スポットのことはもれなく確認しておくと良いでしょう。


今回は、兵庫県神戸市で新居を探す予定の方に向け、地域で人気の施設である須磨海浜水族園の概要や見どころを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

兵庫県神戸市にある須磨海浜水族園の概要

須磨海浜水族園は、スマスイの愛称で市民に親しまれている施設であり、親・子・孫の3世代にわたって思い出を作れる水族園ともいわれています。

館内にはさまざまな水槽があり、多種多様な海の生き物の観賞が可能です。
たとえば「波の大水槽」では、シロワニという大型で迫力のあるサメ、優雅に泳ぐエイ、群れをなすアジの仲間などが見られます。
「海のいきものエリア」に行けば、周囲の環境に合わせてカムフラージュする魚、毒やトゲで身を守ったりする魚など、さまざまな海の生き物たちの様子が眺められるでしょう。

さらに、「水辺のふれあい遊園」では、ペンギンやアザラシなど一部の生き物をより間近で見たり、エイなどに直接触れたりできます。
館内にはファストフードやお土産ショップもあり、休憩や買い物も可能です。
友人や恋人同士、家族連れなど多くの方が楽しめることから、須磨海浜水族園は長きにわたって神戸市民から親しまれています。

●所在地:兵庫県神戸市須磨区若宮町1‐3‐5
●営業時間:9時~17時(入園は閉園の1時間前まで)
●定休日:【2021年12月】1~3日、8日、15日、22日/【2022年1月12~3月23日】毎週水曜日(2月23日は除く)
●アクセス方法:須磨海浜公園駅から徒歩5分
●駐車場:なし(付近に有料駐車場あり)

兵庫県神戸市にある須磨海浜水族園の見どころ

須磨海浜水族園の見どころには、本館で行われている体験プログラムが挙げられます。
体験プログラムとは、海の生き物をより身近に感じてもらうため、先述の「水辺のふれあい遊園」で行われている特別なプログラムのことです。

たとえば「エイ・ヒトデのタッチングプール」では、子どもでも手が届きやすい浅い水槽にて、ヒトデやエイに直接触れられます。
「ガラ・ルファのタッチングプール」は、いわゆるドクターフィッシュの水槽に手を入れて、魚の動きや働きを直接確かることができます。

さらに「ウミガメへの餌やり」もあり、餌を食べるウミガメの珍しい様子などを楽しめることでしょう。
本館の体験プログラムは須磨海浜水族園の見どころのひとつなので、ぜひ注目してみてください。

まとめ

須磨海浜水族園は神戸市民に愛されてきた地域の水族園であり、休日のレジャーにはうってつけです。
子ども連れでも訪ねられる身近な施設でもあり、多くの方が素敵な思い出を作れることでしょう。
兵庫県神戸市で新居を決めた際には、ぜひ足を運んでみてください。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|兵庫県明石市にある「明石市立天文科学館」の概要や楽しみ方とは?   記事一覧   単純承認や法定単純承認とはどんな不動産相続の方法?相続の際の注意点とは|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る