神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 単純承認や法定単純承認とはどんな不動産相続の方法?相続の際の注意点とは

単純承認や法定単純承認とはどんな不動産相続の方法?相続の際の注意点とは

≪ 前へ|須磨海浜水族園とは?兵庫県神戸市で押さえておきたい人気施設を解説   記事一覧   不動産の相続方法の1つ「限定承認」のメリット・デメリット!限定承認にするケースとは|次へ ≫
カテゴリ:相続

単純承認や法定単純承認とはどんな不動産相続の方法?相続の際の注意点とは

相続には、単純承認、限定承認、相続放棄という3つの方法があります。

今回は単純承認がどういうものかを見ていきます。
単純承認の概要、どのような手続きが必要なのか、また手続きをしなくても単純承認をしたことになってしまうケースについてもご紹介します。
不動産の相続を予定している方もぜひ目を通してみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産相続の単純承認とは?どんな手続きが必要になるのか

不動産相続の単純承認とは、プラス、マイナス関係なく無条件ですべての財産を相続することです。

他の相続方法では面倒な手続きが必要になるケースがありますが、単純承認を選んだ場合は特に手続きの必要はありません。

また、限定承認や相続放棄といった他の方法を考えていた場合でも、相続の開始を知ってから手続きをせず3か月間を過ぎてしまうと単純承認とみなされるため注意しましょう。


単純承認を選ぶとすべての財産を引き継ぐことになるため、プラスの財産がマイナスの財産より少ない場合、負債を背負うことになります。

ですので、負債を背負うことが明らかである場合や財産の詳細がすぐにはわからない場合、3か月の間に限定承認もしくは相続放棄の手続きを行いましょう。

法定単純承認とは?不動産相続で気を付けたいケースをチェック

法定単純承認とは、相続人が限定承認や相続放棄の相続方法を考えていたとしても、一定の事由が発生した場合、単純承認したとみなす制度です。

前述の相続を知ってから何も手続きせずに3か月が過ぎると単純承認とみなされるというのも法定単純承認にあたりますが、その他にも以下のようなケースが該当します。

たとえば、相続人が相続財産の一部、またはすべてを処分したケースです。
つまり、財産を処分したことで、その財産を自分のものにする意志があったと判断されます。
例えば、マイナスの財産があることを知らずにプラスの財産を売却してしまった場合も単純承認したとみなされ、場合によっては負債を背負うことになるので注意しましょう。
また、売却しやすいように、良かれと思って築年数の古い建物を勝手に取り壊したといったケースも単純承認したものとみなされます。


さらに、相続財産の一部またはすべてを故意に隠匿・消費、知っていて相続財産の目録に記載しなかったケースも、法定単純承認とみなされます。

これは、他の相続人に不利益を与えることにもなりかねず、場合によっては罰せられることがあるので注意しましょう。

まとめ

今回は、相続方法の1つ、単純承認についてご紹介しました。
一般的に相続というと、単純承認になります。
しかし、マイナスの財産が多い場合は相続人が借金を背負ってしまう可能性があるので注意が必要です。
相続する段階になって慌てることがないように、事前に財産目録などを作成しておくと良いでしょう。
事前に作成しておくことで、被相続人が健在なうちに相続について話を進めることができるかもしれません。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|須磨海浜水族園とは?兵庫県神戸市で押さえておきたい人気施設を解説   記事一覧   不動産の相続方法の1つ「限定承認」のメリット・デメリット!限定承認にするケースとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る