神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却をするなら知っておきたい抵当権!リスクや抹消する方法とは?

不動産売却をするなら知っておきたい抵当権!リスクや抹消する方法とは?

≪ 前へ|離婚時の不動産売却!財産分与の流れや売却する際の注意点とは?   記事一覧   オープンハウスで不動産を売却するメリットとは!開催するなら注意点も?|次へ ≫
カテゴリ:売却一般

不動産売却をするなら知っておきたい抵当権!リスクや抹消する方法とは?

今回は、不動産売却の中でも「住宅ローンを返済中の不動産を売却する」というケースであれば必ず関係してくる「抵当権」について解説します。

こちらの記事では、抵当権とは何か、その概要をまず解説したうえで、抵当権付き不動産売却のリスクや、抵当権の抹消方法なども解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却における「抵当権」とは?根抵当権との違いもご紹介

ではまず、抵当権とは何かについて解説していきます。
抵当権とは、簡単にいうと

「住宅ローンの『借金のカタ』として、金融機関がその不動産を担保にとる権利」のことです。
つまり、抵当権付きの不動産=金融機関に住宅ローンの担保が設定されている不動産

ということですね。
担保として金融機関がその不動産を確保している状態なので、そのままでは売却が難しくなります。

ちなみに抵当権と似た言葉として「根抵当権」というのがあります。

抵当権が一つの債務に対してつけられるのに対して、根抵当権は「決められた金額の範囲内であれば何度も借り入れと返済を繰り返せる」という違いがあります。


ただ、住宅ローンは「借り入れを繰り返す」というものではないため、普通の抵当権がほとんどで、根抵当権が関係することは殆どありません。

抵当権付きの不動産を売却するリスクや抹消する方法とは?

不動産を売却する際に、「住宅ローンが完済できないから抵当権付きのままで売りたい」と考える人もいるかもしれません。

ただ、抵当権付きの不動産は「売主が住宅ローンを延滞して競売にかけられた場合、購入者はその不動産の所有権を失う」というリスクがあります。

また、一般的に、抵当権付き不動産の売却は、抵当権が設定されていない不動産の売却と比べ、買主を見つけることが難しくなり、不動産業者も敬遠しがちになります。

ですので、不動産を売却して得られる売却収入で住宅ローンを全額返済し、抵当権の抹消手続きをするという方法が通常です。

この場合の手続き的には、不動産取引上のリスクを最小限にするため、不動産売買の決済、住宅ローンの完済、そして抵当権の抹消、所有権移転登記は同日におこなわれることが原則です。

ちなみに、抵当権の抹消手続きは自分でもやることができますが、取引の安全上、プロである司法書士にお任せすることをおすすめします。

まとめ

今回は不動産売却における抵当権について、その概要や影響、抵当権を抹消する方法などを解説しました。
住宅ローン返済中(抵当権付き)の不動産売却でお困りの方はぜひ一度ご相談ください。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|離婚時の不動産売却!財産分与の流れや売却する際の注意点とは?   記事一覧   オープンハウスで不動産を売却するメリットとは!開催するなら注意点も?|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る