神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > マイホームを買い替えるタイミングとは?ローンやメリットを解説!

マイホームを買い替えるタイミングとは?ローンやメリットを解説!

≪ 前へ|オープンハウスで不動産を売却するメリットとは!開催するなら注意点も?   記事一覧   できるだけ周囲に気付かれずに不動産売却するには?売却のコツを解説!|次へ ≫
カテゴリ:住み替え

マイホームを買い替えるタイミングとは?ローンやメリットを解説!

マイホームの買い替えをご検討されている方にとっては、どういった費用がかかり、そういったタイミングで行うべきか気になる方も多いかと思います。

今回は、マイホームを買い替えるベストなタイミングと、ローンの詳細やメリット、年収の目安についてご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホームを買い替える2つの方法

マイホームの買い替えのタイミングを考えるには、資金計画が重要になります。
買い替えの方法には、主に「売却先行型」「購入先行型」の2つの方法があります。

売却先行型は、今住んでいる住居を売却を先行し、その後、新居の購入をすすめる方法です。

売却収入が分かった上で、資金計画が立てられることができます。

一方の購入先行型は、先に買い替え先の物件を購入し、売却していく方法です。

売却収入がはっきりとしない時点で購入を進めていくため、資金的に余裕がある場合いとりやすい方法になります。

それぞれ自己資金がどれくらいあるのか、新居探しにどれくらい時間をかけるかによって、買い替えの方法が違ってくることを覚えておきましょう。

マイホームの買い替えのタイミングとメリット

マイホームを買い替えにおいて、売却先行型の場合のメリットは、資金計画をしっかりと立てながら買い替え先の家を探すことができるということです。


一方、買い先行型のメリットは、物件探しをじっくり行うことができる点、仮住まいの費用等が発生しないということです。
ただ、買い先行型で、今お住まいの物件の住宅ローンがあるい場合は、売却にあたって住宅ローンを完済する必要があります。

売却収入と住宅ローン残高をしっかりと確認しなければ、資金計画的に難しくなる場合のあります。

マイホームを買い替えるタイミングと借入金額

マイホームを買い替えるにあたっては、資金計画は重要です。
特に、住宅ローンを利用して新居を購入する場合、自己資金と住宅ローン借入金額で資金計画を考えることになります。


買い替えの場合、初めてマイホームを購入する場合と比べ、年齢的に遅くなっている場合もあります。


ですので、年収だけでなく、リタイアまでの現役期間の収入などを踏まえた借入金額をしっかりと確認することが必要です。

購入後の返済が無理なく行うことができるか、住宅ローン完済までの見通しを、年齢に応じてしっかり判断した買い替えを行うことが大切です。

まとめ

今回は、マイホームを買い替える2つの方法と、それぞれのメリットや注意点を説明しました。

私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|オープンハウスで不動産を売却するメリットとは!開催するなら注意点も?   記事一覧   できるだけ周囲に気付かれずに不動産売却するには?売却のコツを解説!|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る