神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 任意売却における委任状の役割とは?注意点を把握してトラブルを回避しよう!

任意売却における委任状の役割とは?注意点を把握してトラブルを回避しよう!

≪ 前へ|ローンがあっても不動産売却は可能?オーバーローンの調べ方や売却方法を解説!   記事一覧   不動産を相続したくない!相続放棄する場合のメリット・デメリットとは?|次へ ≫
カテゴリ:任意売却

任意売却における委任状の役割とは?注意点を把握してトラブルを回避しよう!

任意売却の際、病気やケガなど、特別な事情で不動産の持ち主が売却手続きをおこなえないケースがあります。
このような場合は信頼できる誰かに委任し、代わりに売却の手続きをおこなってもらうことが必要です。
そこで今回は委任状とは何か、どのようなときに必要なのか、注意点もあわせて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

任意売却における委任状とは?どのようなときに必要?

委任状とは、何らかの事情で本人が各種手続きをおこなえない場合に、本人以外の第三者へ委任したことを証明する文書のことを指します。

任意売却において、委任状は、固定資産評価証明書などいくつかの書類を役所へ取りに行く際や、司法書士へ抵当権抹消の依頼をする際に必要です。

特に書き方の決まりはありませんが、必ず委任する本人が作成しなければ委任状の役割は果たされません。
少なくとも明記しておきたい事項は次のとおりです。

●委任状作成日
●委任することを記した一文
●委任する本人の氏名および住所、実印による押印
●代理人の氏名および住所


任意売却は、大きな金額が関わる法律行為です。

第3者に委任する場合は、トラブルを回避するためにも必ず委任状は作成しておくべきでしょう。

任意売却で委任状を作成する際の注意点は?

代理人を立てれば安全に各種手続きがおこなえると感じる方も多いかもしれませんが、任意売却において、委任状を作成する際の注意点があります。

●信頼できる人物を代理人として選ぶ
法律が関わる任意売却においては、誰に委任するかは重要です。
手続きに不備があると取り返しのつかない事態になる可能性もあるため、必ず信頼できる人物を代理人に選ぶようにしましょう。

●白紙委任をしない
委任する内容や受任者(代理人)の名前など、必要事項が記載されていない委任状は「白紙委任状」となり、本来委任した内容と異なる内容を書き込まれる可能性があります。
悪用などのトラブルを回避するためにも、委任する内容はきちんと明記しておきましょう。

●債権者へ事前に確認する
任意売却において、代理が認められないケースもあるため、何らかの事情で代理を依頼しなければならないときは事前に債権者へ相談するようにしましょう。

まとめ

安心して任意売却の取引が進められるよう、委任状を作成する際は具体的な内容を明記しておきましょう。
またトラブルを回避するためにも、誰を代理人として選ぶのかがとても重要です。
どうしても代理人を立てる必要がある場合は、あらかじめ任意売却に詳しい専門家へ相談することをおすすめします。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|ローンがあっても不動産売却は可能?オーバーローンの調べ方や売却方法を解説!   記事一覧   不動産を相続したくない!相続放棄する場合のメリット・デメリットとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る