神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却の前にリフォームは必要?売却のコツを理解して失敗を回避しよう!

不動産売却の前にリフォームは必要?売却のコツを理解して失敗を回避しよう!

≪ 前へ|不動産を相続したくない!相続放棄する場合のメリット・デメリットとは?   記事一覧   転勤を機に不動産売却するべき?3つの選択肢と売却のコツや注意点を解説!|次へ ≫
カテゴリ:売却一般

不動産売却の前にリフォームは必要?売却のコツを理解して失敗を回避しよう!

不動産売却を検討する際、リフォーム済みのきれいな住宅のほうが高い金額で売れると思ってしまいがちです。

しかし、安易に、高額な費用をかけてリフォームするのはおすすめしません。

そこで今回は、不動産売却におけるリフォームの必要性や、売却の際に有効なコツを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却の前にリフォームする必要性は?

売主の方の多くが、できるだけ高い価格で不動産を売却したいと考えることでしょう。
しかし、リフォームをしてきれいな状態にしても、必ずしも売却価格が高くなるとは限りません。

たとえば、売却価格2,000万円の不動産を500万円かけてリフォームした場合、通常であれば2,500万円以上の価格で売却したいところです。
しかし、もともと相場的に2,000万円の物件が、2,500万円以上で売却できる保証はありません。

仮に売却価格が2,300万円になったとすると、リフォームの時間と手間をかけたうえ、売却希望価格から200万円低い金額で売却したことになります。

つまり、リフォームをせずに2,000万円で売却したほうが、有利なケースもあるのです。


また、近年ではリノベーションへの人気が高まっており、新築住宅に比べて低価格で購入できる中古住宅の需要が増えています。
そのため、リフォームやリノベーションを前提としている買主の多くが、価格の安い物件を求めている傾向にあるのです。

こういった理由から、不動産売却の前にリフォームを実施し、売出価格を上げる必要性は必ずしも高くないといえます。

掃除や簡易リフォームは不動産売却に有効?

では、リフォームをせずにボロボロの状態の方が良いのかというと、そうではありません。
もちろん、ちょっとした壁紙の汚れやフローリングの傷であれば問題はないのですが、汚れや傷が広範囲にわたる場合は簡易的なリフォームが有効です。

また、湿気が原因でカビが発生している壁紙や、至るところに穴が空いている障子なども、「暗い、古い」といったマイナスな印象を与えてしまう可能性があります。

したがって、大がかりなリフォームは必要ないですが、簡易的なリフォームをしておくことで、購入希望者に良い印象を与えられる可能性が高くなるでしょう。

さらに内覧時にはできるだけ清潔な印象を与えられるよう、日ごろからこまめな掃除を心がけておくことも大切です。

簡易リフォームや清掃は、大がかりなリフォームに比べると費用や時間もかからないため、不動産を売却する際の有効な手段といえます。

まとめ

不動産を売却する前に、物件の状態だけで判断してリフォームすることはおすすめしません。
結果的に損をすることもあるため、売却方針をしっかり決め、慎重な判断が必要です。


まずは適度な掃除や簡易リフォームを検討することも1つの方法です。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産を相続したくない!相続放棄する場合のメリット・デメリットとは?   記事一覧   転勤を機に不動産売却するべき?3つの選択肢と売却のコツや注意点を解説!|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る