神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の「生前贈与」とは?「相続」との違いやメリット・デメリットを解説!

不動産の「生前贈与」とは?「相続」との違いやメリット・デメリットを解説!

≪ 前へ|不動産相続の「共有名義」はトラブルの原因!やっておくべき対策は?   記事一覧   ローン残債のある不動産は売却できる?抵当権を抹消する方法や注意点を解説!|次へ ≫
カテゴリ:生前贈与

不動産の「生前贈与」とは?「相続」との違いやメリット・デメリットを解説!

自分が生きているうちに、大切な不動産を家族やお世話になった方へ譲りたいと考えている方も多いのではないでしょうか。
そのようなときに利用する手段として「生前贈与」がありますが、「相続」とは内容やメリット・デメリットが大きく異なります。
後悔がないように、あらかじめ生前贈与についてよく理解しておくことが大切です。
そこで今回は、不動産の生前贈与とは何か、相続との違いやメリット・デメリットについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の「生前贈与」とは?「相続」と何が違う?

「生前贈与」とは言葉のとおり、自分が生きているうちに特定の誰かへ財産を譲ることです。
一方「相続」とは、自分が亡くなった後に相続人が財産を引き継ぐことを指します。
どのタイミングで財産を譲るのかが、生前贈与と相続との違いです。

通常、相続する際には相続税が発生しますが、生きているうちに財産を減らしておくことで相続税も減らすことが可能になります。
そのため、生前贈与は相続税対策として利用されることの多い手段です。
しかし、生前贈与をすると贈与税が発生することは理解しておきましょう。

不動産相続に比べて「生前贈与」するメリット・デメリットは?

不動産を生前贈与するメリットは次のとおりです。

時期を自由に選んで相続税対策ができる
生前贈与は財産を譲る相手はもちろんのこと、譲る時期も自由に選べます。
たとえば、将来的に値上がりしそうな土地に不動産を所有している場合、値上がりする前に譲ることで相続税対策を図れるでしょう。

夫婦間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除
夫婦の間で住居用の不動産、もしくは住居用の不動産を取得するための金銭を生前贈与した場合、基礎控除110万円のほかに最高2,000万円まで控除できる特例があります。

ただし、婚姻期間が20年以上であることや譲り受けた年の翌年3月15日まで居住し、その後も住み続ける見込みがある、などの条件に当てはまらなければ適用されないので注意が必要です。

続いて、不動産を生前贈与するデメリットは次のとおりです。

不動産取得税がかかる
生前贈与は相続に比べると、税金が高い傾向にあります。
たとえば不動産取得税は通常、相続した場合には課税されませんが、生前贈与の場合は不動産を譲り受けた側に不動産取得税が発生してしまいます。

登録免許税が高くなる
相続の場合、登録免許税は0.4%と低く設定されていますが、生前贈与となると税率は2%と高くなります。
相続に比べ、生前贈与のほうが税金負担が大きいことがわかるでしょう。

まとめ

生前贈与を検討している方は、控除や特例ばかりに目を向けるのではなく、メリット・デメリットを踏まえたうえで検討することが大切です。
場合によっては、相続よりも生前贈与のほうが不利になるケースもあります。

生前贈与か相続、どちらが不動産を譲る方法として適しているのかは状況によっても異なるため、専門家などへ一度ご相談することをおすすめします。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産相続の「共有名義」はトラブルの原因!やっておくべき対策は?   記事一覧   ローン残債のある不動産は売却できる?抵当権を抹消する方法や注意点を解説!|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る