神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > ローン残債のある不動産は売却できる?抵当権を抹消する方法や注意点を解説!

ローン残債のある不動産は売却できる?抵当権を抹消する方法や注意点を解説!

≪ 前へ|不動産の「生前贈与」とは?「相続」との違いやメリット・デメリットを解説!   記事一覧   住宅ローンを滞納するとどうなる?競売を回避して今すぐ不動産売却の相談を!|次へ ≫
カテゴリ:任意売却

ローン残債のある不動産は売却できる?抵当権を抹消する方法や注意点を解説!

急な転勤や生活スタイルの変化など、何らかの事情で不動産を売却しなければならないケースがあるでしょう。
しかし、まだ住宅ローンが残っている場合、抵当権を抹消しなければ売却はできません。
そこで今回は、ローン残債のある不動産を売却する際に、抵当権を抹消する方法や注意点を解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

ローン残債のある不動産を売却する際に抵当権を抹消する方法は?

抵当権は、住宅ローンを組む際に金融機関が設定するもので、債務者が万が一住宅ローンを支払えなくなったときに、土地や建物などの不動産を担保とする権利のことを指します。

つまり、住宅ローンを滞納してしまった場合、担保である不動産は強制的に競売にかけられ、落札された金額を住宅ローンの返済に充当されるものです。

こうした抵当権付きの不動産は、抵当権が付いたままでは自由に売却できません。

では、どうすれば抵当権を抹消できるのか、それは「住宅ローンの完済」です。
住宅ローンを完済することで抵当権は抹消され、不動産を売却できるようになります。

ローン残債がある状態で不動産を売却する方法は?

住宅ローンを完済できるほどの資金が手元にあれば良いですが、大金を用意するのはなかなか簡単なことではありません。

しかし、不動産を売却することで抵当権を抹消できる可能性はあります。
たとえば、ローン残債が売却価格よりも下回っている状態の「アンダーローン」の場合は、不動産を売却して得た代金で住宅ローンを完済することが可能です。

この場合、一般的な不動産売却と同じ流れで売却活動をおこない、買主が決まったら抵当権抹消の手続きをおこないます。

また、アンダーローンの場合は、家賃を支払うことで不動産売却後も住み続けられる「リースバック」を検討してみるのも1つの方法です。

一方、ローン残債が売却価格よりも上回っている状態「オーバーローン」の場合、不動産を売却しただけでは住宅ローンは完済できません。

この場合、足りない分を自己資金で補填して抵当権を抹消する、もしくは金融機関の合意を得たうえで任意売却をおこなう、といった方法を検討する必要があります。

ローン残債のある不動産を売却する際の注意点は?

ローン残債のある不動産を売却する際に気をつけたいのは、買主へ不動産を引き渡すまでにローン残債を完済し、抵当権を抹消しておくことです。
オーバーローンの場合はアンダーローンと異なり、売却方法や対処法を考えなくてはなりません。

そのためにも、住宅ローン返済中に不動産を売却したいと考えた際は、ローンがどれくらい残っているのかを確認し、おおよその売却価格を査定してもらうことが必要です。
なお、築年数は売却価格に大きく反映されるため、築年数が経過する前に売却への一歩を踏み出すことも大切でしょう。

まとめ

何らかの事情で、ローン残債のある不動産を売却したいと考える方は多くいらっしゃいます。
大事なのは、売却価格を住宅ローンに充てたときに、抵当権が抹消できるかどうかです。
まずは、不動産がどれくらいで売れるかを調べておけば、今後の対策が見いだせるでしょう。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産の「生前贈与」とは?「相続」との違いやメリット・デメリットを解説!   記事一覧   住宅ローンを滞納するとどうなる?競売を回避して今すぐ不動産売却の相談を!|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る