神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 空き家を売りたい!ベストな方法や売却時にかかる費用についても解説!

空き家を売りたい!ベストな方法や売却時にかかる費用についても解説!

≪ 前へ|空き家で火災が発生するのはなぜ?主な原因や対策について解説!   記事一覧   不動産相続における「公正証書遺言」の作成方法やメリット・デメリットとは?|次へ ≫
カテゴリ:空き家

空き家を売りたい!ベストな方法や売却時にかかる費用についても解説!

老朽化の進んだ空き家は管理が難しく、修繕するにも多額のお金が必要です。
一般的に築20年以上が経った木造建築物は、法定耐用年数によって価値がないものと判断され、「古家」として扱われます。
では、こうした経済的価値がほぼない空き家は、どのように売却するべきなのでしょうか。
そこで今回は、空き家を売りたい場合に知っておきたいさまざまな方法や、売却時にかかる費用などを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

空き家を売りたい!「古家付き土地」として売却する方法について

空き家をそのままの状態で「古家付き土地」として売却した場合、更地に比べると売却価格は安くなるケースが多いです。
また、老朽化の進み具合によってはなかなか買い手が見つからない場合もあります。
ただし、古民家として建物に価値がある場合や、再建築が難しいエリアである場合は、建物を取り壊さずにそのままの状態で売却するほうが得策といえるでしょう。
「解体費用のことを考えると今すぐ売却には踏み切れない」といった方は、空き家を売却する際のコツとして、「古家付き土地、ただし更地渡し可」で売り出すことも検討してみてはいかがでしょうか。
家を建てるために土地を探している方や、中古住宅を探している方、双方へのアプローチが可能な売却方法です。

空き家を売りたい!「更地」にして売却する方法について

空き家を「更地」にして売却した場合は、「古家付き土地」よりも買い手がつきやすい傾向にあります。
それは買い手にとって、解体費用を負担する必要がない点や、土地の活用方法を自由に決められるといったメリットがあるからです。
建物自体が激しく傷んでいる場合や、耐震性が低い場合は、更地にして売却するほうが良いでしょう。
とはいえ、更地にするにはそれなりの解体費用を用意しておかなければなりません。
また、更地にすると住宅用地特例の優遇措置が外れ、固定資産税が2〜3倍高くなります。
この固定資産税は買い手が見つかるまでの間、負担し続けなければならないため注意が必要です。

空き家を売りたい!売却時にかかる費用や税金について

空き家を古家付き土地として売却する場合は、解体費用が必要ないので出費を最小限に抑えられるでしょう。
一方、更地にして売却する場合は、建物の構造や老朽化の進み具合などによって異なりますが、おおよそ100万円ほどの解体費用が必要です。
さらに、空き家を売りたいと考えている方は、解体費用以外にかかる費用や税金についても覚えておくと良いでしょう。

●譲渡所得税
売却で利益が出た際に支払う税金ですが、空き家を所有していた期間によって税率は異なります。

●相続登記費用
空き家を相続した場合、名義変更を済ませておかないと売却はできません。
相続登記をおこなう際は書類の取得費や登録免許税、司法書士への依頼料がかかります。

●仲介手数料
売買が成立した際に、成功報酬として不動産会社へ支払う手数料です。

まとめ

空き家を売りたい場合は、築年数や建物の状態、立地などを考慮して売却方法を決めることが大切です。
また、解体費用の一部を補助してくれる自治体もあるので、事前に調べておくと良いでしょう。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|空き家で火災が発生するのはなぜ?主な原因や対策について解説!   記事一覧   不動産相続における「公正証書遺言」の作成方法やメリット・デメリットとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る