神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 空き家で火災が発生するのはなぜ?主な原因や対策について解説!

空き家で火災が発生するのはなぜ?主な原因や対策について解説!

≪ 前へ|住宅ローンを滞納するとどうなる?競売を回避して今すぐ不動産売却の相談を!   記事一覧   空き家を売りたい!ベストな方法や売却時にかかる費用についても解説!|次へ ≫
カテゴリ:売却一般

空き家で火災が発生するのはなぜ?主な原因や対策について解説!

空き家は倒壊や犯罪などのリスクがあるため、放置するのは危険です。
なかでも、空き家の火災は度々ニュースなどでも取り上げられており、大きな問題となっています。
そこで今回は、空き家で火災が発生する原因や対策、そして所有者の責任についてもあわせて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

空き家で火災が発生する主な原因は?

空き家で火災が発生する原因の中で、もっとも多いケースが「放火」です。
放火犯に狙われやすい空き家は、「住人の気配がない」「敷地内へ侵入しやすい」「近隣に家がない」などといった特徴があります。
放火以外にも考えられる火災の原因は次のとおりです。

●タバコのポイ捨て
●ガス漏れなどの爆発
●配線機器のトラブル


また、ネズミが配線をかじったことによって火災が発生した事例も報告されています。

空き家で火災を発生させないためにできる対策は?

空き家で火災が発生する原因に共通点があるとするならば、それは「管理不足」でしょう。
手入れの行き届いていない雑草や敷地内に捨てられたごみ、そして設備の劣化は、火災を引き起こしてしまう可能性があります。
空き家を火災から守るためには、普段から清掃や管理を怠らないことが大切です。
たとえば、次のような対策を講じると良いでしょう。

●敷地内に自動照明を取り付ける
●戸締りをして人が侵入できないようにする
●燃えやすいものはできるだけ片付ける
●管理業者の社名と連絡先が明記された看板を設置する
●何か変わった様子があった際に連絡してもらえるようご近所に頼んでおく


このように、家に人が出入りしていると思わせることで、放火犯に狙われる可能性は低くなります。

空き家で火災が発生すると所有者は責任に問われる?

万が一空き家で火災が発生した場合、心配なのは近隣への賠償責任ではないでしょうか。
基本的に、第三者による放火などで起きた火災においては、所有者が責任を負う必要はありません。
ただし、「重過失がある場合はこの限りでない」と、失火責任法によって定められています。
たとえば、火災の危険性があることを予測しておきながら対策を講じていなかった場合は、重大な過失とみなされるかもしれません。
賠償責任を負うことになれば、当然のことながら、大きな出費をともなうため注意が必要です。

まとめ

空き家の火災は、主に管理不足が原因です。
大きなトラブルを招く前に、あらゆる対策を講じていくことが大切です。
遠方などで空き家の管理が難しい方は売却を検討してみてはいかがでしょうか。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|住宅ローンを滞納するとどうなる?競売を回避して今すぐ不動産売却の相談を!   記事一覧   空き家を売りたい!ベストな方法や売却時にかかる費用についても解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る