神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却における現状渡しとは?概要やメリット・デメリットを解説!

不動産売却における現状渡しとは?概要やメリット・デメリットを解説!

≪ 前へ|不動産売却の前に知っておきたい!売却時にかかる費用の種類は?   記事一覧   空き家対策特別措置法とは何?空き家を放置する前に不動産売却を検討しよう!|次へ ≫
カテゴリ:売却一般

不動産売却における現状渡しとは?概要やメリット・デメリットを解説!

築年数の古い住宅を売却する際、破損か所をすべて修繕するとなれば、場合によって多額のお金が必要になるでしょう。
こうした劣化の進んだ不動産は、現状渡しで売却することが可能です。
そこで今回は、不動産売却における現状渡しとは何か、現状渡しによる売主と買主のメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却における現状渡しとは何?

築年数が古い住宅は、壁紙が剥がれていたり、外壁にヒビが入っていたりと劣化が進んでいる場合が多いでしょう。
不動産売却における現状渡しとは、こうした目に見える傷や破損を修復せずに、現状のまま買主へ売り渡すことを指します。
修繕費用がかからないため、売主にとっては金銭面の負担を軽減できる売却方法です。
ただし不動産を売却する際は、住宅の状態をすべて買主へ伝える「告知義務」があります。
告知義務は、「契約不適合責任」に問われないためにも大切なことです。

不動産売却における現状渡しで得られるお互いのメリットは?

売主が不動産の現状渡しで得られるメリットは、コストがかからない分、引っ越しのためにお金を費やせることではないでしょうか。
また、金銭面での負担を軽減できるだけでなく、手間や時間をかけずに早期売却できる点も挙げられます。
一方、買主にとってのメリットは何といっても、住宅を安い価格で購入できる点にあるでしょう。
近年、リノベーションの需要が高まっており、あえて低価格の中古住宅を探している買主は増加傾向にあるのです。
また、契約内容と異なる破損や不具合を発見した場合、買主は売主に対して契約不適合責任を問えるようになります。

不動産売却における現状渡しで生じるお互いのデメリットは?

買主から契約不適合責任を問われてしまった場合、売主はその責任を負わなければなりません。
住宅を売り渡した後に、大きなトラブルを引き起こす恐れがある点は売主にとって大きなデメリットでしょう。
契約不適合責任に問われないようにするには、ちょっとした不具合でも包み隠さずに書面化しておくことです。
売主にも見つけられない住宅の不具合はプロの目でチェックしてもらい、売り渡し後のトラブルを未然に防ぎましょう。
また、問題点を多く抱えた不動産は値下げ交渉されやすい傾向にあるため、結果的に売却価格が相場よりも安くなりやすいです。
一方で買主としてのデメリットは、不動産を購入した後に修繕や補修をおこなう手間や費用が必要になることでしょう。

まとめ

現状渡しは、「築年数の古い不動産を修繕せずに売却したい」「安くても良いから早く手放したい」といった方に向いています。
ただし、住宅の不具合や欠陥は買主へきちんと伝え、合意を得たうえで売却することが大切です。
手を抜くと大きなトラブルへと発展する可能性があるので、メリット・デメリットを踏まえてよく検討しましょう。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却の前に知っておきたい!売却時にかかる費用の種類は?   記事一覧   空き家対策特別措置法とは何?空き家を放置する前に不動産売却を検討しよう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る