神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却の前に知っておきたい!売却時にかかる費用の種類は?

不動産売却の前に知っておきたい!売却時にかかる費用の種類は?

≪ 前へ|不動産相続における自筆証書遺言とは?有効に作成するための要件も解説   記事一覧   不動産売却における現状渡しとは?概要やメリット・デメリットを解説!|次へ ≫
カテゴリ:売却時に役立つ情報

不動産売却の前に知っておきたい!売却時にかかる費用の種類は?

「仲介手数料」といった言葉を耳にしたことがある方も多くいらっしゃるかもしれません。
不動産を売却するときには仲介手数料をはじめ、さまざまな費用がかかります。
どのような費用が必要になり、どのくらいの費用がかかるのか、いざというときに備えて事前に把握しておくと良いでしょう。
そこで今回は、不動産売却時にかかる費用の種類や、仲介手数料と抵当権抹消費用について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却時にかかる費用の種類は?

一戸建て住宅や土地、マンションなどを売却する際、大きく分けて4つの費用が必要になります。
費用の種類は次のとおりです。

①仲介手数料

仲介手数料は、売買契約が成立した際に成功報酬として不動産会社に支払うものです。
計算方法については後ほど解説します。

②印紙税

印紙税は、売買契約書など文書に対して課される税金です。
不動産の売買価格によって税額は異なりますが、2,000円〜10万円の印紙税が必要になります。

③抵当権抹消費用

住宅ローン完済後は、抵当権を抹消する手続きが必要です。
こちらの費用についても後ほど解説します。

④処分費や解体費など

ごみの処分や建物の解体、土地境界確定測量といった必要に応じて支払う費用については、事前に見積もりを作成してもらうなどして資金を準備しておくと良いでしょう。

不動産売却時にかかる費用:仲介手数料について

不動産会社と媒介契約を結ぶと、チラシ作成やポスティングなど、売却に向けてさまざまな活動を担ってくれます。
そして、無事に買主が見つかった際に不動産会社に対して支払う費用が「仲介手数料」です。
この費用はあくまでも成功報酬であるため、売買契約が成立しなければ支払う必要はありません。
また、仲介手数料は宅地建物取引業法によって金額の上限額が定められています。
不動産の売却価格に応じて金額は異なるので、簡単に上限額の算出ができる速算法を覚えておくと便利です。

売却価格×3%+6万円×消費税(売却価格が400万円を超える場合)
売却価格2,000万円を例にしてみると、2,000万円×3%+6万円×1.10=72万6,000円となります。
支払いのタイミングとしては、売買契約を結ぶ際に半額、不動産の引き渡し後に残りの半額を支払うのが一般的です。

不動産売却時にかかる費用:抵当権抹消費用について

住宅ローンを組むと、万が一ローンの返済が困難になった場合に備えて、不動産を担保とする抵当権が設定されます。
抵当権抹消とは、設定された抵当権を不動産登記の記録から抹消する手続きです。
抵当権抹消手続きは司法書士へ依頼するのが一般的で、登録免許税にくわえて司法書士の報酬を支払います。
登録免許税は不動産1件につき1,000円、司法書士に支払う報酬の相場は1〜2万円程度です。

まとめ

不動産を売却する際はさまざまな費用や税金がかかるため、どのくらいの資金を事前に準備する必要があるのか把握しておくことが大切です。
また建物の解体やハウスクリーニングなどが必要な場合は、事前に見積もりを作成してもらうことも忘れないようにしましょう。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産相続における自筆証書遺言とは?有効に作成するための要件も解説   記事一覧   不動産売却における現状渡しとは?概要やメリット・デメリットを解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る