神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 空き家対策特別措置法とは何?空き家を放置する前に不動産売却を検討しよう!

空き家対策特別措置法とは何?空き家を放置する前に不動産売却を検討しよう!

≪ 前へ|不動産売却における現状渡しとは?概要やメリット・デメリットを解説!   記事一覧   相続トラブルを防ぐ配偶者居住権とは?概要や設定方法を解説!|次へ ≫
カテゴリ:空き家

空き家対策特別措置法とは何?空き家を放置する前に不動産売却を検討しよう!

管理の行き届いていない空き家は倒壊や放火などの危険性が高いことから、全国的にも大きな問題となっています。
こうした危険を伴う空き家がこれ以上増加するのを阻止するため、2015年の2月に空き家対策特別措置法が制定されました。

現在、空き家の不動産売却を検討している方や、これから相続などで空き家を所有する予定のある方は、この法律について理解しておく必要があるでしょう。
そこで今回は、空き家対策特別措置法とは何か、空き家の所有者が取るべき対策について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却を検討している方必見!空き家対策特別措置法とは何?

空き家対策特別措置法とは、衛生面や防犯面などの観点から周辺環境に影響を及ぼす可能性があるとみなした空き家を、行政側が管理または処分できる法律です。

この法律により、「特定空き家」とみなされた管理が不十分な空き家は、自治体により指導や勧告を受けることになります。
特定空き家とみなされる条件は次のとおりです。

●老朽化が進んでいることにより倒壊の恐れがある
●不法投棄やごみの放置により衛生上有害となる恐れがある
●管理状態が悪いことで近隣の景観を損ねている
●周辺地域の治安を損ねる可能性がある


これまで住宅用地の特例が適用されて、固定資産税の課税標準が1/6に減額されてた場合は、特定空き家に指定されると税制上の恩恵が受けられなくなるため、所有者には金銭的な負担が重くのしかかるでしょう。

不動産売却を検討している方必見!空き家対策特別措置法への対策

使い道のない空き家は放置されやすいですが、思わぬ罰則を防ぐためにも、特定空き家にしないような対策を講じる必要があります。
空き家の所有者が取るべき対策は次のとおりです。

不動産売却で現金化する

今後その空き家に移り住む予定がない場合や空き家の状態が良い場合は、思い切って不動産売却し、現金に変えるのも良いでしょう。
相続前であれば、不動産売却によって現金化しておくことでスムーズな相続手続きを期待できます。

また、相続開始日から3年が経過する年の12月31日までに不動産売却した場合、売却益から最大3,000万円を控除できる特例が適用されるのも大きなメリットです。

空き家を取り壊す

築年数が古く、老朽化の進んだ空き家は取り壊してしまうのも1つの方法でしょう。
場合によっては古家付き土地よりも、更地にして売却したほうが買い手を見つけやすいといったメリットがあります。
ただし、空き家を取り壊すと翌年から固定資産税が高くなるので注意しましょう。

空き家を貸し出す

空き家を手放したくない方や、空き家の状態が良い場合は賃貸住宅として家賃収入を得る方法もあります。
ただし、固定資産税を支払う必要があり、借り手がみつかるまで空き家の適切な管理も必須です。

まとめ

空き家対策特別措置法により、空き家を放置しておくと罰則が課せられるようになりました。
特定空き家と判断されないためにも、安全面や衛生面、そして防犯面に配慮して定期的に空き家を管理する必要があります。
遠方で管理が難しい方や、今後その空き家に移り住む予定がない方は不動産売却も検討してみてはいかがでしょうか。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却における現状渡しとは?概要やメリット・デメリットを解説!   記事一覧   相続トラブルを防ぐ配偶者居住権とは?概要や設定方法を解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る