神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却における「買取」と「仲介」の違いとは?選び方もあわせて解説!

不動産売却における「買取」と「仲介」の違いとは?選び方もあわせて解説!

≪ 前へ|不動産売却が長引くのはなぜ?期間と対処法もあわせて解説!   記事一覧   不動産買取の流れは?査定方法や確定申告の重要さについても解説!|次へ ≫
カテゴリ:買取

不動産売却における「買取」と「仲介」の違いとは?選び方もあわせて解説!

不動産売却を検討する際、「買取」や「仲介」といった言葉を耳にする機会があるでしょう。
「どちらの売却方法が自分に合うのかわからない」と悩まれる方も多いと思います。
買取と仲介の違いや、それぞれの特徴をよく把握したうえで、ご自身の目的や状況に合った売却方法を選ぶことが大切です。
そこで今回は、不動産売却における「買取」と「仲介」について、違いや選び方などをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却における「買取」と「仲介」とはどのような方法?

不動産売却には、買取と仲介といった2つの売却方法があります。
買取とはその名のとおり、売却したい物件を不動産会社に買い取ってもらう方法です。
後に不動産会社は、買い取った物件をリフォームなど施し、自社商品として転売します。
一方で仲介とは、不動産会社と媒介契約を結んで物件の買い手を探してもらう方法です。
不動産会社にサポートしてもらうことで、決済や引き渡しといった大切な取引も安全に進めることができます。

不動産売却における「買取」と「仲介」の違いとは?

買取と仲介には、次のような違いがあります。

①買主の違い

買取の場合は、直接物件を買い取ってくれる不動産会社が買主です。
一方で仲介の場合、不動産会社はあくまでも仲介役のため、個人のお客さまが買主となります。

②売却期間の違い

買取の場合は、一から購入希望者を探す必要がありません。
そのため、売却相談をおこなってから現金化までの流れがスムーズで、早急に手続きを完了できる点が特徴です。
仲介の場合は、インターネットに掲載したり、チラシを作成したりして一から購入希望者を探さなくてはなりません。
売り出し価格や建物の状態によって売却期間は異なりますが、早くて3か月、場合によっては1年以上の期間を要することもあります。

③売却価格の違い

買取の場合、仲介手数料がかからないといった利点を持つ反面、市場価格に比べて売却価格が安くなるケースがほとんどです。
一方で仲介の場合は、市場価格どおり、もしくは市場価格に近い金額で売却できる可能性があります。
とはいえ、売却が長期化した場合は最終的に価格を下げることになり、想像していた金額よりも安くなってしまう可能性はあるでしょう。

不動産売却における「買取」と「仲介」の選び方とは?

転勤や引っ越しなどで期限が決まっている方や、安くても良いからすぐにでも現金化したいといった方は買取がおすすめです。
また、建物の状態や条件が悪く、買い手の見つかりにくい不動産を相続した方にも買取が適しているといえます。
一方、時間的な余裕があって少しでも高い金額で売りたいといった方は仲介が向いているでしょう。

まとめ

不動産売却において、「買取と仲介のどちらを選ぶべきかわからない」とお悩みの方は、ご自身の目的や状況に応じて選ぶことをおすすめします。
また、先に不動産を査定して相場を把握したうえで、売却方法を判断してみても良いでしょう。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却が長引くのはなぜ?期間と対処法もあわせて解説!   記事一覧   不動産買取の流れは?査定方法や確定申告の重要さについても解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る