神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却を遠方からおこなう方法は?流れや注意点もあわせて解説!

不動産売却を遠方からおこなう方法は?流れや注意点もあわせて解説!

≪ 前へ|不動産買取の流れは?査定方法や確定申告の重要さについても解説!   記事一覧   不動産売却を住みながらおこなう方法は?メリットや注意点もあわせて解説!|次へ ≫
カテゴリ:売却一般

不動産売却を遠方からおこなう方法は?流れや注意点もあわせて解説!

「遠方にある不動産を処分したいけど、現地へ出向くのが難しい」とお悩みではありませんか?
不動産売却の際には、売買契約の締結や決算、引き渡しといった重要な取引が多くあるため、基本的には買主と売主の立ち会いが必要です。
しかし仕事や病気など、さまざまな事情により現地へ足を運ぶことが困難な方も多くいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、不動産売却を遠方からおこなう方法について、流れや注意点もあわせて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却を遠方からおこなう方法は?

冒頭でもお伝えしたとおり、不動産売却の際は現地で立ち会うことが望ましいです。
しかし、どうしても本人の立ち会いが難しい場合は、どのような方法があるのでしょうか。
考えられる方法は次の3つです。

契約書の持ち回り契約

契約書の持ち回り契約とは、仲介を担う不動産会社が買主と売主の双方へ売買契約書を郵送し、署名や捺印をして契約を交わす方法のことを指します。
買主が持ち回り契約について了承しているのであれば、有効な手段といえるでしょう。

代理契約をおこなう

代理契約とは、現地での立ち会いが可能な知人や親戚が、売主の代わりに売買契約書を交わす方法です。
ただし、誰に依頼するべきかを慎重に考える必要があります。

司法書士に依頼する

専門的な知識を有する司法書士に、立ち会いから売買契約など一連の流れを任せる方法です。
報酬を支払う必要はありますが、安心して取引を進められるでしょう。

不動産売却を遠方からおこなう際の流れは?

不動産売却を遠方からおこなう場合でも、売却の流れ自体に大きな違いはありません。
基本的な流れは次のとおりです。

●不動産査定を依頼する
●不動産会社と媒介契約を結ぶ
●売却活動をおこなう
●買主と売買契約を結ぶ
●決済・物件の引き渡し


まずは、売りたい不動産がいくらで売れるのかを把握するため、現地の不動産会社へ査定を依頼しましょう。
訪問査定の際は、事前に鍵を郵送することで対応してもらうことが可能です。
また、本来であれば本人が立ち会ったうえで売買契約や引き渡しの手続きをおこなうべきですが、上記でお伝えした持ち回り契約や代理人を立てる方法を取れば、現地に足を運ばずとも売却手続きを進められるでしょう。

不動産売却を遠方からおこなう際の注意点は?

不動産売却を遠方からおこなう際の注意点として、時間や手間がかかりやすい点が挙げられます。
たとえば、現地の信頼できる不動産会社を探したり、立ち会いが困難な場合は委任状を作成したりしなければなりません。
そのため、あらかじめ時間がかかることを想定したうえで、計画的に準備を進めることが重要であるといえます。
またトラブルを未然に防ぐためにも、1度は現地に足を運んで取引の状況を確認できると良いでしょう。

まとめ

遠方の不動産を処分したいときは、持ち回り契約や代理人を立てることで、現地へ出向く回数を最小限にできます。
ただし、時間や手間がかかりやすいため、可能な限り現地に足を運んで取引を進めるのがおすすめです。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産買取の流れは?査定方法や確定申告の重要さについても解説!   記事一覧   不動産売却を住みながらおこなう方法は?メリットや注意点もあわせて解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る