神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却を住みながらおこなう方法は?メリットや注意点もあわせて解説!

不動産売却を住みながらおこなう方法は?メリットや注意点もあわせて解説!

≪ 前へ|不動産売却を遠方からおこなう方法は?流れや注意点もあわせて解説!   記事一覧   不動産売却する際に最初になにから手をつける?どこに相談すべき?|次へ ≫
カテゴリ:売却一般

不動産売却を住みながらおこなう方法は?メリットや注意点もあわせて解説!

不動産売却を検討する際、「家に住みながら売却できるのだろうか」と、不安を抱いている方は多いのではないでしょうか。
一般的には、空き家の状態で売却したほうが買主は見つかりやすいといわれていますが、家に住みながらでも売却を進めることは可能です。
そこで今回は、不動産売却を住みながらおこなう方法について、メリット・デメリットや注意点もあわせて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却を住みながらおこなう方法は?

不動産売却を今の家に住みながらおこなう方法の1つとして、「売り先行」があります。
家に住みながら不動産売却を進め、得た資金で新居を購入する方法です。
手元に十分な資金がなくても、売却で得た資金を新居の購入費や引っ越し費用に充てられるため、「売却前にコストをかけたくない」という方に適しています。
また、家をいったん不動産会社へ売却し、賃料を支払うことでその家に住み続けられる「リースバック」という方法もあります。
賃貸物件としてそのまま住み続けるのはもちろん、売却後にゆっくりと新居を探すことも可能です。
将来的には買い戻すこともできるため、「どうしても今の家を手放したくない」という方に適しています。

不動産売却を住みながらおこなう際のメリット・デメリットは?

今の家に住みながら不動産売却をおこなう際のメリット・デメリットとして、次のような点が挙げられます。

メリット

何より大きなメリットは、売却で得た資金を住み替え費用に使える点です。
売却を進めるなかで、ある程度の売却価格を把握できるため、家に住みながら次の新居を探すことができるでしょう。
また、内覧の際には売主自身が物件の魅力を直接アピールできる点なども挙げられます。

デメリット

デメリットは、急に内覧の予定が入った場合でもすぐに対応しなければならない点です。
売却活動中は先の予定を立てることが難しいため、ストレスに感じてしまう方も多いでしょう。
また、せっかく内覧者が来ても家の中が生活感であふれかえっていると、購入したいという意欲が下がってしまいます。
できる限り必要のない家具や生活用品は処分し、生活感が出ないように日ごろから片付けておくことも大切です。

不動産売却を住みながらおこなう際の注意点は?

空き家の状態で売却する場合に比べて、住みながらの売却はどうしても生活感が出やすいため、日ごろから入念な掃除が必要になります。
どうしても気になる汚れがあれば、ハウスクリーニングも検討しましょう。
また、売却を進めるうえで、引っ越し先の事前調査も忘れてはなりません。
買主が見つかったあとに慌てることがないよう、引っ越し準備は計画的に始めましょう。

まとめ

家に住みながらの不動産売却は、住み替え費用を捻出できるメリットがある反面、生活感が出やすく印象が下がりやすいといったデメリットもあります。
売却を成功させるためは、普段から整理整頓を心がけ、生活感が出ないように工夫することが大切です。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却を遠方からおこなう方法は?流れや注意点もあわせて解説!   記事一覧   不動産売却する際に最初になにから手をつける?どこに相談すべき?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る