神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却時に相場を調べるには?自分で調べる方法や2種類の査定方法を解説

不動産売却時に相場を調べるには?自分で調べる方法や2種類の査定方法を解説

≪ 前へ|遺産分割協議のスムーズな進め方とは?よくあるトラブル例や解決策も解説!   記事一覧   ライフステージの変化を機に不動産売却?3つの事例と売却のコツをご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:売却時に役立つ情報

不動産売却時に相場を調べるには?自分で調べる方法や2種類の査定方法を解説

不動産売却を検討したら、まずは不動産査定などの情報収集をおこないます。
不動産査定とは、不動産がどのくらいの価格で売れるのかを予想する重要な工程です。
そこで今回は、自分で価格相場を調べる方法や、不動産会社などをとおしておこなう「机上査定」「訪問査定」について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却の査定前に自分で価格相場を調べる方法

「いきなり不動産会社に査定を依頼するのは気が引ける」と感じる方も多いでしょう。
そんな方は、査定の前に自分で価格相場を調べるのがおすすめです。
不動産の相場は、インターネットを活用すれば簡単に調べることができます。
インターネットでは、売却予定の不動産周辺で、どのような物件がどのくらいの価格で売りに出されているのかをチェックできます。
さらに、面積や構造、築年数などの類似物件を探すことで、おおよその相場を把握することが可能です。
また、国土交通省が運営する「土地総合情報システム」を利用して、日本全国の不動産取引価格をはじめ、地価公示や都道府県地価調査を参考にする方法もあります。

不動産売却時におこなう机上査定とは?

机上査定とは「簡易査定」とも呼ばれており、不動産会社をとおしておこなう査定方法の1つです。
登記事項証明書などを参考にして、簡単なデータのみで査定額を算出します。
机上査定は当日〜3日ほどで査定額の結果が出るため、気軽に依頼できる点が大きなメリットです。
査定額はメールで知ることができ、なかには根拠となる計算式などを提示してくれる不動産会社も存在します。
机上査定のデメリットは、現地を訪問していない分、査定の精度が落ちる点です。
そのため、「まだ売却するかわからない」「とりあえずおおよその相場を知りたい」という方に適した方法であるといえます。

不動産売却時におこなう訪問査定とは?

もう1つの査定方法として、「訪問査定」があります。
訪問査定とは、机上査定のように簡易的な査定をおこなったうえで、不動産会社の担当者が実際に物件を訪問して査定額を算出する方法です。
建物の劣化具合や室内の状態、そして周辺環境や立地などを細かくチェックして、根拠のある査定額を提示してくれます。
訪問査定は机上査定に比べて、査定の精度が高い点が大きなメリットです。
デメリットは、立ち会いのために時間を確保する必要がある点や、査定結果までに1週間ほどの日数を要する点が挙げられます。
建物の不具合は査定額に大きく関係するため、訪問査定当日までに「部屋の整理整頓」や「設備の修繕」などをやっておくことがおすすめです。
いずれにせよ、不動産売却をする場合は、必ず訪問査定を依頼することとなります。

まとめ

不動産の価格相場は、インターネットを活用すれば自分でも調べることが可能です。
また、不動産売却はまだ検討している段階という方は「机上査定」、正確な査定額が知りたいという方は「訪問査定」を検討すると良いでしょう。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|遺産分割協議のスムーズな進め方とは?よくあるトラブル例や解決策も解説!   記事一覧   ライフステージの変化を機に不動産売却?3つの事例と売却のコツをご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る