神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 相続における「代償分割」とは?メリット・デメリットもあわせて解説!

相続における「代償分割」とは?メリット・デメリットもあわせて解説!

≪ 前へ|ライフステージの変化を機に不動産売却?3つの事例と売却のコツをご紹介!   記事一覧   負動産を相続したらどうする?処分方法や相続放棄について解説!|次へ ≫
カテゴリ:相続

相続における「代償分割」とは?メリット・デメリットもあわせて解説!

相続人同士で遺産の分割方法を決める際、大きな悩みの種となるのが、土地や家などの不動産ではないでしょうか。
こうした分割のしにくい財産においては、「代償分割」を用いることがあります。
そこで今回は、相続時の代償分割とは何か、メリット・デメリット、遺産分割協議書についても解説します。
これから相続を控えている方は、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

相続における代償分割とは?

代償分割とは、複数いる相続人のうち誰か1人が財産を取得する代わりに、ほかの相続人へ代償金を支払うことによって、公平に財産を分け合う方法です。
たとえば被相続人の遺産が、1,800万円の不動産のみとします。
相続人が3人いた場合、法定相続分はそれぞれ3分の1となりますが、不動産を売却して現金化しない限り分割はできません。
しかし、3人の相続人のうち1人が不動産を取得し、残りの2人に600万円ずつ代償金を支払うことで、分割の難しい不動産も公平に分け合うことができるのです。
「実家を継ぎたい」「事業を継承したい」といったケースなどで、よく使われます。

相続における代償分割のメリット・デメリット

代償分割では、次のようなメリットが得られます。

●不動産の共有名義を回避できる
●所得税・相続税の節税につながる


不動産を複数の相続人で共有名義にすると、不動産の売却や解体時など、あらゆる場面で共有者の同意が必要となります。
その際に、トラブルへと発展するケースも多く見られます。
代償分割であれば、そもそも共有名義にする必要はないので、不動産の売却や解体も単独でおこなうことが可能です。
また、不動産を売却した場合は、利益が発生すると譲渡所得税が課されます。
代償分割では売却をせずとも分割することができるため、その場合、譲渡所得税はかかりません。
さらに、一定の要件を満たしていれば、「小規模宅地等の特例」の恩恵を受けられる点も大きなメリットです。
一方で、代償分割には次のようなデメリットも存在します。

●不動産の評価額でトラブルになる可能性がある
●代償金を用意する必要がある


代償分割をおこなう場合、対象とする不動産の評価がとても重要ですが、不動産の評価方法には決まりはありません。
また、代償金を貯金などから捻出する必要がある点も大きなデメリットです。

相続で代償分割する際の遺産分割協議書

通常、相続時におこなわれる相続人同士の話し合いでは、「遺産分割協議書」を作成します。
代償分割をおこなう際は、必ず代償分割をおこなう旨と代償金の額を明記することが大切です。
正しく明記されていないと、贈与税が課される可能性があるので注意しましょう。
なお、代償分割では代償金の受け渡しにも相続税が発生します。
相続税の計算方法は、以下を参考にしてください。

●代償金を支払った相続人:課税価格=相続税評価額-代償金の価額
●代償金を受け取った相続人:課税価格=相続税評価額+代償金の価額

まとめ

代償分割は、実家を継ぐ際や事業継承の際に有効な、遺産の分割方法です。
相続時には、代償分割のメリット・デメリットをよく理解したうえで検討するようにしましょう。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|ライフステージの変化を機に不動産売却?3つの事例と売却のコツをご紹介!   記事一覧   負動産を相続したらどうする?処分方法や相続放棄について解説!|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る