神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却に欠かせない媒介契約とは?メリット・デメリットや注意点も解説!

不動産売却に欠かせない媒介契約とは?メリット・デメリットや注意点も解説!

≪ 前へ|不動産売却時の契約不適合責任とは?買主の権利やトラブル対処法も解説!   記事一覧   住宅ローンが返済不可に!競売までの流れや任意売却の重要性などを解説!|次へ ≫
カテゴリ:売却時に役立つ情報

不動産売却に欠かせない媒介契約とは?メリット・デメリットや注意点も解説!

不動産を売却する際は、法律や専門的な知識が必要になります。
個人で取引をおこなうのは難しいため、不動産会社に仲介を依頼して売却活動をおこなうのが一般的です。
そこで今回は不動産売却に欠かせない媒介契約について、メリットや注意点などを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却に欠かせない媒介契約:3つの種類とは?

媒介契約とは、不動産会社と売主の間で交わす契約のことを指しており、次の3つの種類に分けられます。

●一般媒介契約
●専任媒介契約
●専属専任媒介契約


それぞれには、どのような特徴があるのでしょうか。

一般媒介契約

一般媒介契約とは、複数の不動産会社と契約を交わすことができる方法です。
比較的自由に販売活動をおこなえますが、レインズ(指定流通機構)への登録が任意であることや、売主への業務報告義務がないという特徴があります。

専任媒介契約

専任媒介契約とは、依頼できる不動産会社の数が1社のみの契約方法で、レインズへの登録義務があります。
売主への業務報告義務が2週間に1回以上あり、有効期限は3か月と定められています。

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約とは、専任媒介契約と同様、依頼できる不動産会社の数が1社のみの契約方法で、レインズの登録義務があります。
売主への業務報告義務が1週間に1回以上あり、有効期限も3か月と定められています。

不動産売却に欠かせない媒介契約:種類別のメリット・デメリット

メリット・デメリットを、種類別に解説します。

一般媒介契約

一般媒介契約のメリットは、複数の会社と契約することで、販売活動の幅が広がる点です。
一方で、販売状況の報告がないため販売戦略が立てにくい点や、レインズへの登録義務がない分、買主が見つかるまで長期化する可能性がある点は大きなデメリットです。

専任媒介契約

専任媒介契約は、業務活動の報告頻度が2週間に1回以上と設定されているので、販売状況を把握しやすい点が大きなメリットであると言えます。
しかし、レインズの登録が義務なのは、周囲に知られずに不動産売却をおこないたい方にはデメリットになる可能性があるでしょう。

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約は、業務活動の報告頻度が1週間に1回以上と設定されているので、もっとも売主が販売状況を把握しやすいため、積極的な販売活動が期待できます。
デメリットは、専任媒介契約と違い売主が買主を見つけても直接売買契約を結ぶことができない点があげられます。

不動産売却に欠かせない媒介契約:注意点

複数の不動産会社と連絡を取り合う必要がある一般媒介契約では、内見の時間調整や広告を出す場合の伝達ミスに注意しましょう。
スケジュール管理を怠ると、複数の不動産会社が内見をおこなう現場に居合わせてしまう可能性があります。
一方で、専任媒介契約や専属専任媒介契約は、複数の不動産会社と連絡を取り合う必要がないため、売主の負担も軽減されるでしょう。
また、1対1の関係を築くことによって信頼関係も生まれ、積極的な販売活動が期待できます。

まとめ

不動産売却をご検討中の方は、媒介契約の種類やそれぞれのメリット・デメリットをよく理解したうえで、不動産会社との媒介契約を結びましょう。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却時の契約不適合責任とは?買主の権利やトラブル対処法も解説!   記事一覧   住宅ローンが返済不可に!競売までの流れや任意売却の重要性などを解説!|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る