神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却に有効な「レインズ」とは?利用する際の流れや種類も解説!

不動産売却に有効な「レインズ」とは?利用する際の流れや種類も解説!

≪ 前へ|住宅ローンが返済不可に!競売までの流れや任意売却の重要性などを解説!   記事一覧   不動産売却に役立つ固定資産税評価額とは?評価額の計算方法も解説!|次へ ≫
カテゴリ:売却時に役立つ情報

不動産売却に有効な「レインズ」とは?利用する際の流れや種類も解説!

不動産売却に有効となる「レインズ」をご存じでしょうか。
スピーディーな不動産売却を実現するためにも、事前にレインズの仕組みを把握しておくのがおすすめです。
そこで今回はレインズとは何か、レインズを利用できる媒介契約の種類や流れを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却に有効なレインズとは?

レインズとは「Real Estate Information Network System」を略した言葉で、不動産取引の適正化と円滑化を目的に、国土交通省が企画して作ったネットワークシステムのことを指します。
レインズには、全国の不動産情報が登録されており、過去の取引データはもとより、最新の物件情報も確認することが可能です。
ただし、不動産情報を登録・閲覧できるのは不動産会社のみで、一般の方はアクセスできません。
レインズに売却したい物件の情報を登録すると、全国の不動産会社へ物件情報が公開されます。
それによって、他の不動産会社の顧客から問い合わせが入りやすくなり、スムーズな売却を実現できる可能性が高まるのです。

不動産売却に有効なレインズを利用する際の流れとは?

不動産売却時にレインズを利用したい場合、まずは不動産会社へ売却したい物件の査定依頼をします。
その後の流れは、次のとおりです。

●不動産の査定額を提示してもらう
●不動産会社との間で媒介契約を締結
●レインズに物件情報を登録してもらう


不動産会社に売却の相談をすると、レインズの登録物件情報をもとに周辺の相場を調べてくれます。
同時に不動産の査定額も提示してくれるので、その査定額に納得ができたら媒介契約を交わしましょう。
媒介契約を締結すると、不動産会社がレインズに物件情報を登録してくれます。
なお、レインズへの登録義務がある媒介契約は、「専任媒介契約」と「専属専任媒介契約」のみです。

不動産売却に有効なレインズへの登録義務がある媒介契約の種類

媒介契約には3つの種類がありますが、先述したとおり、レインズへの登録義務があるのは「専任媒介契約」と「専属専任媒介契約」の2種類です。
ここでは、専任媒介契約と専属専任媒介契約について解説します。

専任媒介契約

専任媒介契約とは、仲介を依頼できる不動産会社の数が1社のみの、契約方法です。
不動産会社にはレインズへの登録義務があり、期限も定められていて、媒介契約を締結した翌日から7日以内に登録する必要があります。
また、2週間に1回以上の活動報告義務があるため、販売状況を把握しやすい契約形態です。

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約とは、仲介を依頼できる不動産会社の数は1社のみで、かつ売主が自分で買主を探すことができない契約方法です。
レインズへの登録期限は、媒介契約を締結した翌日から5日以内に登録する必要があります。
1週間に1回以上の活動報告義務があるため、専任媒介契約に比べてより販売状況を把握しやすい契約形態です。

まとめ

不動産売却時にレインズを利用することで、物件情報が全国に発信され、早期売却できる可能性が高まります。
スムーズな売却を実現するためには、専任媒介契約や専属専任媒介契約を結び、定期的に活動報告を受けると良いでしょう。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|住宅ローンが返済不可に!競売までの流れや任意売却の重要性などを解説!   記事一覧   不動産売却に役立つ固定資産税評価額とは?評価額の計算方法も解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る