神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > ハザードマップとは?不動産売却時の影響について解説!

ハザードマップとは?不動産売却時の影響について解説!

≪ 前へ|所有者の入院中に不動産を売却する方法は?自分や親の場合について解説!   記事一覧   不動産売却時の広告にはどのような種類がある?費用の負担についても解説!|次へ ≫
カテゴリ:売却一般

ハザードマップとは?不動産売却時の影響について解説!

近年の日本では、地震や水害などで深刻な被害を受けるケースも見受けられます。
ハザードマップは、災害の被害をあらかじめ予測するために役立てられています。
不動産売却の際、ハザードマップがどのように影響するのか気になっている方も多いのではないでしょうか。
今回は、そもそもハザードマップとはなにか、不動産売却時にどのような影響があるのかについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

ハザードマップとはなに?不動産売却時に必要なもの?

そもそも、ハザードマップとはどのようなものなのでしょうか。
また、不動産売却の際に必要なものでしょうか。

ハザードマップとは?

ハザードマップとは、過去の自然災害のデータを使用して、被害の想定を表した地図のことです。
防災を目的に作られていることから、避難場所や避難経路なども表示されています。
ハザードマップには、洪水、内水、地震などのさまざまな種類があり、災害の種類別にそれぞれの危険区域や避難経路などの情報を提供しています。
ハザードマップは、国土交通省の「ハザードマップポータルサイト」や、自治体のホームページで確認しましょう。

ハザードマップは不動産売却の際に必要なもの?

近年、各地で水害被害が発生していることから、2020年7月より国土交通省が宅地建物取引業施行規則を一部改正しました。
不動産取引の重要事項説明の際に、水害ハザードマップ上のどこに位置する不動産であるのかを、説明することが義務化されています。

不動産売却時にハザードマップはどのような影響がある?

不動産売却をおこなう際は、ハザードマップが不動産の価格に影響するのではないかと不安に思う方も多いかもしれません。
しかし、基本的には、ハザードマップが不動産の価格に影響する可能性は低いと考えられます。
不動産売却時の地価の評価には、あらかじめ自然災害による危険性が織り込まれているためです。
ただし、その地域が洪水浸水想定区域や土砂災害の警戒区域に含まれている場合は、不動産売却時に告知する義務があります。
また、売却する不動産の地域で想定される被害が大規模である場合や、新たに洪水浸水想定区域に含まれた場合などは、地価に影響する可能性もあるため注意しましょう。

まとめ

不動産売却時にハザードマップがどのように影響するのかについて解説しました。
不動産売却時に、ハザードマップが価格に影響する可能性は低いと考えられます。
しかし、不動産売却を検討中の方は、所有している不動産がある地域のハザードマップを確認しておきましょう。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|所有者の入院中に不動産を売却する方法は?自分や親の場合について解説!   記事一覧   不動産売却時の広告にはどのような種類がある?費用の負担についても解説!|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る