神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却時に物件資料は必要?揃えておくべき理由を解説!

不動産売却時に物件資料は必要?揃えておくべき理由を解説!

≪ 前へ|不動産売却時の広告にはどのような種類がある?費用の負担についても解説!   記事一覧   私道に接した不動産の売却時に必要な通行・掘削承諾書とは?注意点も解説!|次へ ≫
カテゴリ:売却時に役立つ情報

不動産売却時に物件資料は必要?揃えておくべき理由を解説!

不動産を売却する際は、安全な取引をおこなうためにも、さまざまな書類が必要になります。
そのなかの1つとして、「物件資料」を忘れてはなりません。
そこで今回は、物件資料とはどのようなものか、不動産を売却する際に揃えておくべき理由を解説しますので、不動産売却をご検討中の方はぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却時に必要な物件資料とは?

物件資料とは、物件を購入した際の売買契約書や重要事項説明書をはじめ、パンフレットや広告、マンションの管理規約など、物件に関する情報が記された書類のことを指します。
また、地盤調査報告書や住宅性能評価書、インスペクションの結果報告書なども、物件の価値を上げるために重要となる書類の1つです。
こうした物件資料は、不動産を売却する際の査定時に役立つので、事前に揃えておくようにしましょう。
とくに、マンションの管理規約はゴミ捨てや掃除などのルールが記載されており、物件の引き渡しと同時に買主へ引き渡す必要があります。
しかし、物件資料のほとんどが物件購入時に取得した書類であるため、「どこに保管したかわからない」「紛失してしまった」といったケースが少なくありません。
そのようなときは、購入した不動産会社やマンションの管理組合に、コピーや再発行ができるか問い合わせてみると良いでしょう。

不動産売却時に物件資料が必要な理由とは?

売買契約書や地盤調査報告書、パンフレットなどの物件資料は、あくまでも任意の提出で、必ずしも不動産売却時に必要なものではありません。
しかし、できるだけ多くの物件資料を揃えておけば、不動産を売却するうえで有利に働く可能性があります。
たとえば、物件資料が揃っていると、それだけ多くの物件情報を的確に購入希望者へ伝えることが可能です。
購入希望者からしてみれば安心材料の1つとなり、物件資料が揃っていない中古物件に比べて売りやすいといった特徴があります。
また、売却後のトラブルを回避することにもつながり、安全な取引をおこなうことができます。
こうした理由から、不動産売却時には可能な限りの物件資料を揃えておくのがおすすめです。
いざというときに慌てることがないよう、不動産査定を依頼するまでには、保有している物件資料の確認をしておきましょう。

まとめ

物件資料とは、物件購入時の売買契約書や重要事項説明書、そしてパンフレットやマンションの管理規約など、物件情報が記載された書類のことです。
また、地盤調査報告書やインスペクションの結果報告書など、物件の価値を上げる書類も含まれます。
安全かつスムーズな取引をおこなうためにも、不動産売却の際はできるだけ多くの物件資料を揃えておくのがおすすめです。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却時の広告にはどのような種類がある?費用の負担についても解説!   記事一覧   私道に接した不動産の売却時に必要な通行・掘削承諾書とは?注意点も解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る