神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却時の広告にはどのような種類がある?費用の負担についても解説!

不動産売却時の広告にはどのような種類がある?費用の負担についても解説!

≪ 前へ|ハザードマップとは?不動産売却時の影響について解説!   記事一覧   不動産売却時に物件資料は必要?揃えておくべき理由を解説!|次へ ≫
カテゴリ:売却時に役立つ情報

不動産売却時の広告にはどのような種類がある?費用の負担についても解説!

不動産売却を成功させるには、物件情報を多くの方に知ってもらうための広告活動が欠かせません。
しかし初めて不動産売却をおこなう方にとっては、どのような広告方法があるのか、費用は誰が負担するのかなど、不安に思うことが多いと思います。
そこで今回は不動産売却時の広告について、種類や費用などを解説しますので、不動産売却をご検討中の方はぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却時の広告にはどのような種類がある?

広告活動の方法としては、次のような種類が挙げられます。

●折り込みチラシや新聞
●住宅情報誌やフリーペーパー
●インターネットへの掲載
●レインズへの登録
●現地看板


広告活動にはさまざまな種類があり、それぞれ特徴も大きく異なります。
近年では、インターネットを利用した宣伝方法が多く用いられており、もっとも大きな効果を得られやすい方法です。
とくに、不動産情報専門のレインズというデータベースに物件情報を登録すれば、全国へ物件の情報を知らせることができます。

不動産売却時の広告費用は誰が負担するのか?

不動産を売却する際に発生する広告費用は、基本的に仲介を担う不動産会社が負担することになっています。
これは宅建業法によって定められており、不動産会社から売主へ広告費用を請求することが認められていないためです。
そのほかの販売活動費や査定料も同様に、売主が費用を負担することはありません。
ただし、売買契約が成立した後は不動産会社に対し、成功報酬として仲介手数料が発生します。
仲介手数料には、広告費用や査定料、担当者の交通費などがすベて含まれるため、それとは別に「広告費用」が売主へ請求されることはないと言えるでしょう。

不動産売却時の広告費用を売主が負担するケース

先述したとおり、基本的に広告費用は不動産会社が支払いますが、例外として売主が費用を負担するケースもあります。
たとえば、大手新聞やテレビCMを使った高額な広告を売主が依頼した場合などです。
国土交通大臣が定めた標準媒介契約約款によると、このような「特別に依頼した広告」で発生した実費については、不動産会社から売主に請求することが認められています。
また、専任媒介契約や専属専任媒介契約を途中解除した場合、それまでに発生した広告費用も売主が負担しなければならないため注意が必要です。

まとめ

不動産売却の際の広告にはさまざまな種類があり、発生した広告費用については基本的に不動産会社が支払います。
ただし、例外として売主が費用を負担しなければならないケースも存在するため、事前に、広告の内容や費用について確認しておくと良いでしょう。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|ハザードマップとは?不動産売却時の影響について解説!   記事一覧   不動産売却時に物件資料は必要?揃えておくべき理由を解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る