神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 不動産相続における「代襲相続」とは?どこまで続くのか範囲も解説!

不動産相続における「代襲相続」とは?どこまで続くのか範囲も解説!

≪ 前へ|内縁関係でも不動産は相続できる?相続権を継承させる方法を解説!   記事一覧   不動産売却における「中間省略登記」とは?得られるメリットも解説!|次へ ≫
カテゴリ:相続

不動産相続における「代襲相続」とは?どこまで続くのか範囲も解説!

法定相続人がすでに死亡している場合、不動産などの遺産はどのように引き継がれるのかをご存じでしょうか。
また、本来の相続人が欠格や廃除によって相続権を失っている場合もあるでしょう。
このような場合には、「代襲相続」が発生し、被相続人の孫や甥姪が遺産を継承する可能性があります。
そこで今回は、代襲相続とは何か、代襲相続はどこまで続くのかについても解説しますので、不動産相続をご検討中の方はぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産相続における代襲相続とは?

代襲相続とは、被相続人の子や兄弟姉妹がすでに死亡している場合に、その者の子が代わりに相続権を継承する制度のことです。
死亡のほかにも、法定相続人が「相続廃除(相続人廃除)」や「相続欠格」などに該当する場合は、代襲相続が発生します。
このとき、死亡などの理由で相続できなかった方を「被代襲者」、新しく法定相続人となる孫や甥姪を「代襲相続人」と呼びます。
なお、被相続人の子や兄弟姉妹が相続放棄をしていた場合は代襲相続に該当しないため、孫や甥姪が代わりに相続することはありません。
代襲相続は、場合によって法定相続人の人数が増えることになり、法定相続人同士の関係性が複雑になってしまいます。
そのため、遺産分割協議での話し合いがまとまらず、相続をめぐってトラブルへと発展するケースも珍しくありません。

不動産相続における代襲相続はどこまで続く?

被相続人の子または兄弟姉妹が死亡していた場合、被相続人の孫や甥姪が代襲相続人になるとお伝えしました。
仮に被相続人の孫も死亡している場合には、その孫の子(ひ孫)が代襲相続人として認められます。
さらに、ひ孫が死亡している場合には玄孫(やしゃご)、玄孫が死亡している場合は來孫(らいそん)といったように、何代でも代襲が繰り返されるのが特徴です。
ただし、再代襲が認められているのは被相続人の子や孫といった直系卑属のみで、傍系卑属に関しては甥姪の代までと決められています。
代襲相続が発生することで、「面識のない甥姪に相続させたくない」「相続手続きに協力してくれない」「連絡が取れない」など、さまざまなトラブルを招く可能性があります。
仮に相続した不動産をすぐに売却したくても、遺産分割協議での話し合いがまとまらなければ、いつまで経っても行動にうつすことはできません。
そのため、自身が亡くなった後に法定相続人同士で代襲相続のトラブルにならないよう、生前に遺言書を作成しておくことがおすすめです。

まとめ

代襲相続は、一般的な相続に比べてトラブルに発展しやすい傾向にあります。
「面識のない甥姪が不動産を相続することになった」という事態を防ぐためにも、遺言書を作成しておくのがおすすめです。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|内縁関係でも不動産は相続できる?相続権を継承させる方法を解説!   記事一覧   不動産売却における「中間省略登記」とは?得られるメリットも解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る