神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 内縁関係でも不動産は相続できる?相続権を継承させる方法を解説!

内縁関係でも不動産は相続できる?相続権を継承させる方法を解説!

≪ 前へ|競売開始決定通知後に不動産の任意売却をおこなう方法は?重要な期限も解説!   記事一覧   不動産相続における「代襲相続」とは?どこまで続くのか範囲も解説!|次へ ≫
カテゴリ:相続

内縁関係でも不動産は相続できる?相続権を継承させる方法を解説!

内縁の妻(夫)がいる方のなかには、「内縁関係でも不動産を相続できるのか」と不安を感じている方もいらっしゃると思います。
たとえ婚姻届を提出していない内縁関係であっても、長年寄り添ってきたパートナーに不動産を相続させたいと思うのは当然のことです。
そこで今回は、内縁関係でも不動産は相続できるのか、相続権を継承させる方法について解説しますので、不動産相続を予定している方はぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

内縁関係でも不動産は相続できる?相続権について

何らかの事情で、婚姻届を提出せずに内縁関係を維持してきた方もいらっしゃるでしょう。
しかし、法律上では内縁の妻(夫)に相続権はありません。
そもそも内縁とは、双方に婚姻の意思はあるものの、婚姻届が未提出であるために、配偶者として認められていない男女を指します。
長年同じ家に暮らしてきたとしても、法律上の「配偶者」という立場でなければ、不動産を相続することはできないのです。
また、内縁の妻(夫)との間に子どもがいる場合も同様で、原則としてその子どもには相続権がありません。
ただし、内縁の夫が「認知」するという条件を満たせば、その子どもは相続権が認められます。
認知された子どもの法定相続分に関しては、前妻との子どもと同じ相続分であると決められているのが特徴です。

内縁関係でも不動産を相続できる?相続権を継承させる方法

先ほどもお伝えしたとおり、内縁の妻(夫)には相続権がありません。
しかし、内縁の妻(夫)に相続権を継承させる方法が2つあります。
1つ目は、特別縁故者であると認められた場合です。
被相続人と特別な関係にあった方は、被相続人に法定相続人がいない場合に限り、相続権を継承することができます。
ただし、特別縁故者であると認めてもらうためには、家庭裁判所に出向いて「特別縁故者に対する財産分与の申し立て」の手続きをおこなう必要があります。
内縁の妻(夫)に相続権を継承させる2つ目の方法は、遺言書を作成しておくことです。
たとえば、「一定の財産を内縁関係者に遺贈する」といった旨が明記されてる場合には、遺言書の内容に応じて遺産を相続することができます。
ただし、遺言書を作成する際には、遺留分を侵害しないように注意しなければなりません。
すべての財産を内縁の妻(夫)に承継させると、法律上の遺留分権利者から遺留分侵害額請求をされてトラブルへと発展する可能性があります。
内縁の妻(夫)がトラブルに巻き込まれないよう、遺留分を除いた相続財産を考慮して、遺言書を作成すると良いでしょう。

まとめ

長年寄り添ったパートナーだとしても、婚姻届を提出していない内縁関係には相続権がありません。
ただし、生前に遺言書を作成しておくことで、内縁の妻(夫)に不動産を相続させることができます。
遺言書を作成する際は、専門家のアドバイスをもらいながら作成するのがおすすめです。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|競売開始決定通知後に不動産の任意売却をおこなう方法は?重要な期限も解説!   記事一覧   不動産相続における「代襲相続」とは?どこまで続くのか範囲も解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る