神戸市の不動産売却|株式会社あつみ事務所 > 株式会社 あつみ事務所 のスタッフブログ記事一覧 > 実家を売却する際に本籍地は変更するべき?手続きが必要な理由や方法を解説!

実家を売却する際に本籍地は変更するべき?手続きが必要な理由や方法を解説!

≪ 前へ|不動産売却における「中間省略登記」とは?得られるメリットも解説!   記事一覧   雨漏りする家を売却するときは告知義務がある?スムーズに売却する方法とは?|次へ ≫
カテゴリ:売却一般

実家を売却する際に本籍地は変更するべき?手続きが必要な理由や方法を解説!

実家の売却を検討している方のなかには、「自分の本籍地が実家だった」という方も多いのではないでしょうか。
一般的に、本籍地の変更手続きをしたことがない場合、ほとんどの方は実家が本籍地になっているのではないでしょうか。
そこで今回は、実家を売却する際に本籍地は変更するべきなのか、手続きが必要な理由とその方法も解説しますので、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

実家を売却する際は本籍地を変更するべき!その理由は?

本籍地とは、戸籍が置いてある場所を指しており、自由に変更することができます。
日本国内であれば、皇居や思い出の場所でも良いとされていて、必ずしも居住地でなければならないというルールはありません。
そのため、実家を売却する際はもちろん、売却後にほかの方が家を建て直したとしても、本籍地はそのままでも問題ないのです。
しかし、現在の居住地と実家が遠く離れている場合は、本籍地を変更しておくほうが良いでしょう。
その理由は、戸籍謄本を発行する際に便利であるということです。
戸籍謄本は本籍地がある役所に保管されており、そこまで取りに行くためには手間やコストがかかります。
いざというときに慌てることがないよう、本籍地は現在の居住地に変更しておくのがおすすめです。
しかし、引っ越しのたびに転籍を繰り返していると、相続が発生したときに面倒な手間が増えてしまいます。
相続が発生すると、被相続人の出生から死亡までの戸籍をそろえる必要が出てくるため、相続人はあちこちの役所を回って戸籍を集めなければなりません。
将来の相続人のためにも、転勤などで引っ越しを繰り返す予定がある方は、本籍地を1か所に留めておくと良いでしょう。

実家の売却に伴って本籍地を変更する際の手続き

本籍地を変更するには、本籍地のある役所に転籍届を提出することと、新しく本籍地となる役所での転籍手続きが必要です。
転籍届には、本籍地・新しい本籍地・同じ戸籍にある人の名前などを記入します。
郵送での手続きが可能な役所もあるようですが、手続きに不安がある方は直接役所へ出向くのがおすすめです。
本籍地の変更手続きには、以下の書類を用意する必要があります。

●転籍届
●戸籍謄本
●印鑑
●本人確認書類


なお同一市区町村内で転籍する場合、戸籍謄本は不要です。

まとめ

本籍地は日本国内であれば、どこに登録しておいても問題はありません。
しかし、戸籍謄本を発行する際に手間やコストがかからないという理由から、実家を売却するタイミングで本籍地を変更してくのがおすすめです。
変更手続きも決して難しいものではないので、メリットが大きいと感じる方は忘れずにおこなっておきましょう。
私たち株式会社あつみ事務所は、神戸を中心に不動産売却・買取のご相談を承っております。
柔軟でスピーディーな取引を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却における「中間省略登記」とは?得られるメリットも解説!   記事一覧   雨漏りする家を売却するときは告知義務がある?スムーズに売却する方法とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る